ガッポリ大衆TOP パチンコ・パチスロ パチスロ

パチスロ勝利の隠し味「出玉時速アップの超裏技」

2014-08-09

パチスロ勝利の隠し味 松本バッチ
第9回「出玉時速を上げる超裏技」


時は金なり。
良い言葉ですねぇ~。
単純にお金の話に限ったことではなく、時間ってのはそのぐらい大事ですよ、ってことですね。

だーけーどーも、僕らの嗜むパチスロってヤツには、比喩ではなく、まさにそのまま、時は「金」なりの状況ってのがあるんですねぇ。

皆さんもね、身に覚えがございませんか。22時を回ったあたりから、「なんで今やねん!」みたいな上乗せが始まったりして。そう、「閉店取りきれず」という憂き目にあったことがありませんか。己の腕で引っ張って来た「当たり」や「出玉」を、持って帰ることが許される時間は限られているわけです。店員さんの無機質な「閉店なので終了してください」という声と共に、肩を叩かれたら時間切れなわけです。

非常に悔しい!
この閉店取りきれずってヤツは、ひじょおぉーに悔しいのであります!

いつもはこんなに出ないくせに、なんで! 残り時間の! ない時に限って! 今! なんで! ……ってね、なるわけです。僕も21時30分あたりから、突然ヒキが強くなる傾向のある人間なので、その気持ちは痛いほどわかります。痛いほど味わってきてます。なにが痛いって財布です。

そうなんです。出ることが確定している分を持ち帰ってこれないという事象は、財布を痛めるわけです。そんなことばっかりやってるとPAYOUTは下がっていってしまうわけです。

ただですね、仕事終わりだったりね、夜から打つことは少なくない。そして、たいがい閉店取りきれずというのは「ドエラい当たりを引っ張ってくる」的な不慮の事故が絡むわけで、全て避けるのは難しい。じゃあ、全ては無理でも、なるべく多くを持って帰ろうじゃないか、と。そこを目指す行為は、確実にPAYOUTアップに繋がってきますから。

そんなわけで、今回は「とある機種」の隠し味をご紹介いたしましょう。この技を使えば、それこそ数百枚単位で持って帰れる枚数がアップすること間違いなしです。自信を持ってお届けさせていただこうじゃありませんか。

ズバリその機種とは……『ぱちスロ必殺仕事人』!

ぱちスロ必殺仕事人
ぱちスロ必殺仕事人(京楽)
1ゲームあたり純増2.0枚のART機。
ART「必殺モード」のMAXループ率は約96%!
天井:ボーナス・ART間999ゲーム



この機種はですねぇ、僕が打った印象だと、なかなか「尖った」台でして。どういう意味かと申しますと、そこそこの頻度で“出っ放し”になる印象なんです。むしろ出っ放しにしてナンボの台とも言えるかもしれません。

そんな出玉性能を持った台ですから、仕事終わりにワンチャン掴んだら、閉店取りきれずの可能性を多いに秘めている! じゃあ一生懸命レバーを急いで叩きましょう! だけではね、全っ然隠し味にはならないわけで。そんな「頑張れ」程度のアドバイスを自信満々に投げかけるつもりはございません。

実はこの『ぱちスロ必殺仕事人』、大きな特徴として「多彩なリールアクション」を搭載してるわけです。レバーを叩いた時にフリーズ演出が起こり、リールが勝手に動いて演出が起きるアレですね。

それが他機種に比べ非常に頻繁に起こる。特に「当たり中」には多数盛り込まれているわけで、つまるところ「出っ放し」になった場合、フリーズ演出を伴うリールアクションが頻発してくる可能性があるわけです。

時間に余裕のある時はいい。なかなか目にすることのないド派手はリールアクションを存分に堪能したらいいんです。ところがどっこい、「時は金なりつってんだろ!」な状況 、閉店時間が刻一刻と迫って来ている状況に置いては、「オイ! 速くしてくれ!」となって当然。だってリールアクションが起きてるフリーズ演出中は、ただ待ってるしかないんです。1ゲームでも多く回せば、回した分だけコインが出る状況なのに、指を咥えて待ってるしかないんです。

それではズバリ行きましょう。今回の隠し味。
『ぱちスロ必殺仕事人』の大当たり中、残り時間がない時は……

「押し順ナビ非発生時は右リールから止めるべし」 

右リールから止める、つまり逆押しですね。とりあえずコレだけ覚えて帰ってください! コレからその理由も書きますが、とにかくコレだけ覚えておけば「一切の損をせずに、より多くのコインを持って帰る」ことが可能なのです。ただし、「ボーナスやARTが当たっている状況に限る」ってのをお忘れなく。

じゃあなぜかという話なんですが、前述したリールアクション。大当たり中はおもに、とある小役によってソレを発生させているんですね。

例えばスイカ。

スイカ



もしくはチェリー。

チェリー



さらにはチャンス目。

チャンス



上の停止系は、一見するとスイカやチェリーのレア小役なんですが、実は中身はリプレイなんですね(もちろん抽選的にはレア小役扱い)。コレらは左リールから止めることで、そういうカタチに止めているだけなんです。そして、実はコレらがフリーズ演出を伴うリールアクションの起爆装置となっているんですねぇ。

爆発



こんな風に押し順ナビが発生していない時。左から押すと上の様な「レア小役の形をしたリプレイ」が止まる可能性があるわけです。そうすると、フリーズ演出が発生する可能性が出てくる、と。

ただ、この時に右リールから押すことで普通のリプレイとして揃えることができるんです。そして普通のリプレイとして揃えることで「抽選上はレア小役として抽選し、フリーズ演出のみをカットする」ことが可能となるわけです! 

出玉的な損は一切なし! むしろ閉店が迫っているとしたら、その分何ゲームも多く回せるわけで、やればやるほど持って帰れる枚数の上乗せに繋がるというわけです! 

実は中身がリプレイじゃないスイカやチェリー(通常時に頻出するレア小役)もあるので、右から押しときゃ全部リプレイになるってわけじゃないんですが、とにかく多大なるブン回すための時間を確保できるのは間違いない! なかなか入り組んだ話になってきますんで、今日ばっかりは多少スパルタで締めますが、細けぇこたぁいいんだ! 黙ってコレだけ覚えて帰りやがれい!

状況:大当たりが続いているのに残り時間がない。
やるべきこと:押し順ナビが出ていない時はとにかく右リールから押す。

もしも、ですよ。閉店2、3時間前から出っ放しになった場合。この機種なら十分にあり得る。コレをやるのとやらないのじゃ、数千円、場合によっちゃ万単位で帰りの財布が変わってきます。マジです。まぁ、時間に余裕がある時は、普通に左から押して演出を楽しむのが良いと思うよ。

必殺



逆回転してボーナス図柄とか揃うのも、なかなか優越感に浸れるますから。ただね、時間なくなるほど出っ放しになって、右から押してブン回す優越感も相当だと思うのね。出玉的にも。もちろん僕もやる準備だけはしてるわけ。いつだってやる準備はできてるわけ。まだ僕は、出っ放しになったことがないっていうだけでね。はやく! 俺の番! こいよ! 出っ放しの!


(C)松竹・ABC (C)KYORAKU

■松本バッチ プロフィール

1982年福島県生まれ。「勝つために打つのではなく、より楽しく打つために勝つ」をモットーに、パチスロ攻略マガジンをはじめ、各種パチンコ・パチスロメディアで活躍中。

 パチンコ初心者のアナタも、これさえ読めばパチンコの基本がまるわかり! パチンコライター・森本レオ子がイチから勝ち方を指南します。大好評につき「パチンコ用語」企画もついに第三弾! パチンコを打ったこ…
Copyright(C) ガッポリ大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.