ガッポリ大衆TOP 競馬 武豊

【武豊】GⅠ勝ちはなくとも忘れられぬ名馬

2015-02-04 [週刊大衆02月16日号]

人生に役立つ勝負師の作法 武豊
GⅠ勝ちはなくとも忘れられぬ名馬


ねがはくは
花のもとにて
春死なん
そのきさらぎの
望月のころ

2月……この時期になると、一頭のサラブレッドを思い出します。生涯成績は全6戦で、1着3回、2着1回、着外2回。GⅠはひとつも勝っていません。

その名を歴史に残したのは、「日本馬で初めてケンタッキー・ダービーに挑戦した馬」ということ。僕の中では、間違いなく名馬の一頭としてその記憶が鮮やかに残っています。ヤンチャで、タレ目の芦毛馬、スキーキャプテン。彼は、世界への道を拓いてくれた最高の相棒でした。

父は、アメリカで人気の高かった種牡馬、ストームバード。母は、当時アメリカで暮らしていた社台ファームの吉田照哉さんが自家生産したスキーゴーグル。
半姉には、仏GⅠ「ムーラン・ド・ロンシャン賞」を制したスキーパラダイスがいて、生まれたその瞬間から、「ケンタッキー・ダービー」を走るという大きな夢を背負っていました。

デビュー戦は、1994年10月9日、阪神の芝1600メートル。単勝1・3倍という圧倒的な1番人気を背負った彼は、ここで、いきなり度肝を抜くような走りを見せてくれました。

前半は後方待機。最後の直線で一気に末脚を爆発させると、最後は測ったように先頭を走る馬を差し切ってみせたのです。走ることはわかっていましたが、まさかあれほど凄いとは思ってもいませんでした。

続く2戦目、「京都3歳S」も、派手なパフォーマンスで連勝を飾り、3戦目、GⅠ「朝日杯3歳S」へと順調に駒を進めました。

 ずいぶんと肌寒くなり、鍋なんかの温かい料理が美味しい季節になりました。皆様どうでしょうか、フトコロのほうは。良きパチスロライフで暖を取れていますでしょうか。今日は、僕からホッカイロ代わりに2つほど…
Copyright(C) ガッポリ大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.