ガッポリ大衆TOP 競馬 武豊

【武豊】GⅠ勝ちはなくとも忘れられぬ名馬

2015-02-04 [週刊大衆02月16日号]

単勝人気1.0倍つかまって勝利!

このレースで優勝したのは、後にカネヒキリ、サダムパテック、イスラボニータなどを生むことになるフジキセキ。しかし、スタートで出遅れながら、そのフジキセキをクビ差まで追い上げたスキーキャプテンの能力の高さは世代トップクラスで、覇権を争えるだけの器を持っていました。

乗りやすい馬か、乗りにくい馬かと問われたら、間違いなく後者です。でも、あの凄い脚を殺してまで乗りやすい馬にするというのは本末転倒です。
どんなレースでも、誰が相手でも、勝負は最後の直線――それが彼の真骨頂で、それを120%見せつけてくれたのが、今週末、京都競馬場で行われるGⅢ「きさらぎ賞」(芝1800メートル)の舞台でした。

単勝1.0倍。レース後、勝利ジョッキーインタビューで、「今日はただ馬につかまって、直線に向いてゴーサインを出しただけでしたね」と話しましたが、正真正銘、僕はただつかまっていただけでした。

今年、このレースで僕の相棒を務めてくれるのは、サンデーレーシングのポルトドートウィユ。初めてのコンビになりますが、父ディープインパクト、母ポルトフィーノは、どちらも力を知り尽くした戦友です。
ここをステップに、三冠クラシックへ――負けられない闘いです。



■武豊 プロフィール
1969年3月15日、京都生まれ。1987年の騎手デビュー以後、通算3500勝、日本人騎手初の海外GI制覇、年間200勝突破など数々の金字塔を打ち立て、現在も活躍中。

酒での失敗といえば、なんといっても、「新宿3丁目ふくらはぎ断裂事件」だろう。 十数年前のことになるが、当時、たまに顔を出していた新宿3丁目のバーにガールフレンド同伴で訪ねたら、先客のサラリーマン2…
Copyright(C) ガッポリ大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.