ガッポリ大衆TOP 競馬 武豊

【武豊】キズナとの二度目の産経大阪杯です

2015-04-01 [週刊大衆04月13日号]

すべての人に贈る武豊が詰まった本

今週はもうひとつ、お知らせがあります。本誌のコラムをまとめた書籍『「勝つ」ための思考法』が発売になりました。一昨年10月に出させていただいた『勝負師の極意』の第2弾です。
思い出すたびにいまも心が痛むサイレンススズカとの絆。最高のパートナー、ディープインパクトとの別れ。ゴールドアリュールとの不思議な縁。スペシャルウィークとともに挑んだ弥生賞……ひとつひとつが最高の思い出です。

「技術だけがうまくなっても、いい馬乗りにはなれない。みんなから信頼される騎手、だれからも愛される騎手になりなさい」――たった一度だけ、師匠・武田作十郎先生に怒られたときのことは、ジョッキー・武豊、人間・武豊の根っことして、太く、まっすぐに、生き続けています。

壁にぶつかっている人。人間関係に悩んでいる人。進む道が見えなくなっている人。別れに心が引きちぎられそうな人……そんな人の一助になれたらこれほどうれしいことはありません。
すべての競馬関係者、ファンの方に、ありったけの感謝の気持ちを込めて――武豊の進むべき道は、今までも、そして、これからもひとつです。
武豊は、やっぱり武豊だ――みなさんにそう言っていただけるように、ひとつひとつ、これからも精一杯、頑張ります。


■武豊 プロフィール
1969年3月15日、京都生まれ。1987年の騎手デビュー以後、通算3500勝、日本人騎手初の海外GI制覇、年間200勝突破など数々の金字塔を打ち立て、現在も活躍中。

 森美紀選手はちょっと変わった経歴の持ち主である。高等専門学校時代(北九州高専)はロボット作りに励み、高専ロボコン(全国高等専門学校ロボットコンテスト)で優勝。高専卒業後、ロードバイクを購入し、なん…
Copyright(C) ガッポリ大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.