ガッポリ大衆TOP 競馬 井崎脩五郎

【井崎脩五郎】昭和50年以降3頭のみ

2015-04-06 [週刊大衆04月20日号]

競馬新理論 井崎脩五郎
昭和50年以降3頭のみ


たった3頭。
このことが、ルージュバックがいかに珍しいタイプであるかを示している。
ルージュバックは前走、男馬を相手にして千八のきさらぎ賞を2馬身差で圧勝しているが、昭和50年以降の桜花賞出走馬で、「前走、男馬を相手に千六以上の重賞を勝っていた馬」は、たった3頭しかいないのである。

年代順に、前走のレース名、距離、着差とともに書き出してみよう。

平成元年 シャダイカグラ ペガサスS 千六 1馬身半
平成3年 ノーザンドライバー ペガサスS 千七 2馬身
平成4年 エルカーサリバー アーリントンC 千六 1馬身半

どの馬も、前走で後続を1馬身半以上突き放す完勝を演じた馬ばかり。

気になるのは、これら3頭の桜花賞における結果だが、これは桜花賞に至るまでの通算成績と関係がある。
〔5200〕と連対率10割で臨んできたシャダイカグラは、その堅実味を生かし、大外18番枠を引きながら1着。逆に、〔4101〕と取りこぼしがあったノーザンドライバーと、同〔3212〕だったエルカーサリバーは、3着と5着に敗れているのである。ここまで〔3000〕のルージュバックは信用していい。
不安点はジンクスくらい。頭文字が「ル」という馬は、桜花賞で過去〔0106〕。初優勝か


■井崎脩五郎 プロフィール
1947年生まれ。東京都出身。競馬評論家・コラムニスト。独特のレース予想と明るいキャラクターで人気を博し、数々のテレビ番組に出演。多数のコラム連載も持つ。

中京記念は今の施行条件になってまだ3回しか行われていないレースなので、データで語るのは難しい部分もある。しかし、3回だけとはいえ、ある程度見えてきた傾向もある。 1つは、ハンデ差はあまり作用しない…
Copyright(C) ガッポリ大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.