ガッポリ大衆TOP 競馬 井崎脩五郎

【井崎脩五郎】開催日の暦「朔」を持つ馬

2015-04-13 [週刊大衆04月27日号]

競馬新理論 井崎脩五郎
開催日の暦「朔」を持つ馬


レース名が皐月賞で、ただでさえ"月"と縁があるところへもってきて、レースの行われる4月19日(日)は、暦に「朔(さく)」と出ている。
満月のことをいう「望(もちづき)」が、暦で○と表記されるのに対し、朔は●。つまり、月が最も欠けた状態。超細い三日月のこと。

今年、朔の日と、JRAの競馬開催日が重なるのは4月19日が初。
絶対に、何かそれらしいことが起きるに決まってる。
そこで、名前の中に「サ」「ク」の二文字が入っている馬を探すと、おお、1頭だけいるではないか。

キタ(サ)ンブラッ(ク)。

おまけに「朔」が、暦で黒い丸で表記されていることを考えると、名前の中にブラック(黒)が入っているのは相当にクサい。
目下、デビューから3連勝。関西馬にもかかわらず、3戦ともすべて関東での出走(中山・東京)である。

しかし、見方を変えれば、デビュー時から、皐月賞(中山)とダービー(東京)に照準を合わせたコース選びをしていた――とも言える。
「前3走とも中山と東京で走っていた関西馬」は、昭和50年以降の皐月賞で、〔22114〕という成績を残しており、ミホノブルボン、ビワハヤヒデ、ナリタブライアン、サダムパテックと4頭も連対している。キタサンブラックが激走馬になる可能性大だ。


■井崎脩五郎 プロフィール
1947年生まれ。東京都出身。競馬評論家・コラムニスト。独特のレース予想と明るいキャラクターで人気を博し、数々のテレビ番組に出演。多数のコラム連載も持つ。

次から次へと現れる新機種に手が回らない日々を送っております、松本バッチです。 北斗にルパンに慶次といったビッグネームだけではなく、新規精鋭の機種たちも次々とデビューを続けております。さすがに「全部…
Copyright(C) ガッポリ大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.