ガッポリ大衆TOP 競馬 井崎脩五郎

【井崎脩五郎】憲法記念日の盾は「一」

2015-04-28 [週刊大衆05月11日・18日合併号]

競馬新理論 井崎脩五郎
憲法記念日の盾は「一」


今年の天皇賞・春は、「憲法記念日」の5月3日に行われる。
調べたら、現在の日本国憲法が実施されたのが、1947年のこと。それからちょうど20年後の1967年に生まれた黒鹿毛の牡馬に、ケンポウという名が付いていた。

おそらく、憲法実施20年を記念して付けられた名前なのだろう。ケンポウは中央競馬で4勝を挙げ、引退後、皐月賞馬ワイルドモアの全弟ということもあって種牡馬になっている。

英語では、憲法のことをCONSTITUTIONと言うそうだ。
合衆国憲法が実施されたのは1789年のことだが、この年に生まれた鹿毛の男馬に、そのCONSTITUTIONという名が付いている。日本でもアメリカでも、「憲法があるぞ!」と誇りたい気持ちが、愛馬にそういう名前を付けさせるのだろう。

これまで、天皇賞・春が、5月3日に行われたことは3回。数字の「1」あるいは「一」がキーワードになっている。
まず1952年は、1枠のミツハタが優勝。馬主は河野信一氏。1998年は、浅見秀一厩舎のメジロブライトが優勝。そして2009年は、1枠のマイネルキッツが優勝している。
憲法こそが第「一」というメッセージなのか。今年は、福永祐一騎乗の好調・ウインバリアシオンが、3000メートル以上〔0210〕と着外なしだけに要注意。


■井崎脩五郎 プロフィール
1947年生まれ。東京都出身。競馬評論家・コラムニスト。独特のレース予想と明るいキャラクターで人気を博し、数々のテレビ番組に出演。多数のコラム連載も持つ。

アタシが20代の頃、当時つるんでいたダチと、米軍基地の街・福生に麻雀の勝負に出かけた。 相手は、バーのマスターとその友人。深夜、半荘4回戦うと、わがチームが大勝してマスターの店で勝利の美酒に酔った…
Copyright(C) ガッポリ大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.