ガッポリ大衆TOP パチンコ・パチスロ パチンコ

サイフが危険!? パチンコ店に近づいてはいけない時

2015-05-09


レオ子のぱちんこ堅勝ゼミナール
第14回 パチンコは打ちたい時が一番危険!?


年間収支は+50万! パチンコライター・森本レオ子が「パチンコで手堅く勝つ」術を指南する本コラム。前回は、パチンコ業界において三大回収期のひとつと言われているゴールデンウィーク中の立ち回りについて解説しましたが、無事に討ち死することなく堅い勝利を掴むことはできましたでしょうか。

今回の話題も引き続き、なるべくならパチンコをお休みしたほうが良い「回収期」について。ちょっとネガティブな話ですが、勝てない時は近づかないのも年間収支プラスへの大事なファクターなんです。


パチンコ業界ではホールが客から利益を頂戴する、すなわち打ち手が勝ちづらくなる時期、いわゆる「回収期」が存在します。特に、年末年始・ゴールデンウィーク・お盆は勝てない可能性がグンと跳ね上がることから、「三大回収期」と呼ばれています。ホール側も慈善事業を行っているわけではありませんから、玉を出したらその分の赤字は必ず回収。さらに利益までも確保します。

これまでこのコラムでは、勝ちやすい時期について触れることが多かったですが、光があれば陰もあるように、勝ちやすい時期があれば勝ちづらい時期もあるのがパチンコなのです。

実は、「回収期」にはある共通項があります。それは、「何もしなくても客が集まる時期」だということ。 年末年始・ゴールデンウィーク・お盆の三大回収期は大型連休。逆に言えば、大型連休だからこそ回収期になるのです。

長期休みは家族サービスやレジャーに忙しい人が多い一方、暇を持て余している人も多く、テーマパークもショッピングモールもどうせ激混みだしパチンコでも打ってのんびり過ごすか! なんて人が、出玉で還元するまでもなくホールに大勢あつまってしまうんです。だって、打ちたいんだもん!

ということを踏まえて、三大回収期以外の危険な時期について紹介していきましょう。
ふだんデータで予想している私だが、データに合わない馬なのに目分量で予想すると強そうという馬が、たまに存在して悩まされる。 今年の安田記念におけるモーリスは、まさにそんな馬だ。過去10年、安田記念に…
Copyright(C) ガッポリ大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.