ガッポリ大衆TOP 競馬 武豊

【武豊】枠順の違いが勝敗をわけたレース

2015-05-15 [週刊大衆05月25日号]

抽選する段階からレースは始まる!

勝負は最後の直線――読みにも狂いはありませんでした。GOサインを出すタイミングもこれ以上ないという最高の機を捉えたものだったし、それに応えてグンと加速したエアメサイアの走りも完璧でした。

その証拠に、エアメサイアが繰り出した3ハロンの脚は、メンバー中最速となる33秒4のタイムです。
それでも、先に抜け出したダンスインザムードをついに捉えることができなかったのは、東京競馬場、芝1600メートルコースの枠順による差でした。

レース直後、口には出しませんでしたが、「もし枠順が逆だったら……」と、唇を噛んでいました。
しかし、抽選の段階からすでに競馬は始まっていて、決められた枠順、天候、馬場状態など、すべて含めて"競馬"です。

調教師の先生やスタッフ、僕ら騎手は、ライバルだけではなく、目には見えないものとも闘いながら、大きな勲章を目指しているのです。馬同士の力の勝負はもちろん、こんな目には見えない勝負の駆け引きも、愉しんでください。


■武豊 プロフィール
1969年3月15日、京都生まれ。1987年の騎手デビュー以後、通算3500勝、日本人騎手初の海外GI制覇、年間200勝突破など数々の金字塔を打ち立て、現在も活躍中。

暦はもう3月。あれからもう16年が経つんですね。あれって!?もしかして……。そうです。僕に初めてダービージョッキーの称号をプレゼントしてくれた、名馬中の名馬、スペシャルウィークとともに挑んだ「弥生賞…
Copyright(C) ガッポリ大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.