ガッポリ大衆TOP 競馬 うっかり馬之助

【うっかり馬之助】酔っ払って家を締め出されて…

2015-05-16

史上最低の東大中退ライターうっかり馬之助 酔いどれ競馬奮戦記
酔っ払って家を締め出されて…


結婚していた頃のこと、酒を飲むと夜11時頃、そろそろ家路につかなくてはいけない時間に、酔っていい心持ちになることがあった。

すると、家に帰らなくてもいいような自由な気分になる。結局、深夜、タクシーで帰宅することに。

ところが、その頃には酔いもさめ、さっきまでの自由な気分はどこへやら。家に着く頃にはすっかり心細い気分になっている。

鍵はもちろん持っているが、そんなときにはたいていドアにチェーンがかかっていた。

そこで、家のチャイムを鳴らすわけだが、中にいる女性は寝入っているのか反応がない。

といって、近所の手前、何度もチャイムを鳴らすわけにいかず、ドアを手で軽くトントンと叩く。そして、その勢いは徐々に弱まり、ついには指先だけで弱々しくトントントンと弾くことに……。

男のエゴが生んだ情けない一幕だが、この「指先でのトントン」が昭和の文豪・山本周五郎の短編に登場していたのには驚いた。
競馬は縁と巡り合わせの連続です。 東と西――昔と違って、関西の騎手が関東の馬に乗る機会も数多くあるし、その逆もありますが、今でも、入厩する厩舎が美浦か栗東かで大きく変わってきます。
Copyright(C) ガッポリ大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.