ガッポリ大衆TOP ボートレース 美女選手名鑑

漫画『モンキーターン』に憧れて…美女レーサー塩崎桐加が4号艇からマクリ一発!

2016-11-03

 主人公の若者がボートレーサーとして成長していく過程を描いた漫画『モンキーターン』(講談社)に刺激されてレーサーになったという選手は多いが、塩崎桐加選手もその一人。漫画でボートレースを知り、女子王座決定戦を観戦してその道に進むことを決めたという。

 デビューは2009年11月、105期生として選手生活をスタートさせた。水神祭(初勝利)は10年9月、地元のボートレース津で記録し、3連単2万190円を演出。そして、昨年11月の江戸川ヴィーナスシリーズで念願の初優勝を飾る(3連単2万760円)。デビュー7年目の快挙だった。優勝戦での2着は魚谷香織選手、3着は平高奈菜選手という強豪。この2人を破って1着を走っているのを実感したとき、「手が震えるのを感じた」と塩崎選手は話している。

 実は、この快挙には裏話がある。15年6月から入った3か月間のフライング休み中、体幹や筋肉を鍛えるトレーニングに励み、6kgの減量に成功した。その効果が見事に発揮されたといえよう。

 この優勝は、塩崎選手をひと回り大きくした。今年8月、津で開催された「G1レディースチャンピオン」に出場すると、G1初勝利を果たしたのだ。順調に階段を上り続ける塩崎選手。どこまで伸びるか、今後が大いに楽しみである。ちなみに、水神祭、初優勝、G1初勝利はすべて4号艇からの激走。ここぞというとき、4号艇の塩崎選手に要注意!

塩崎桐加(シオザキ・ヒサカ)
登録番号 4589
生年月日 平成4年4月20日
身長 160cm
体重 53kg
血液型 B型
支部 三重
登録期 105期

《ボートレース公式サイト》
http://www.boatrace.jp/

天皇賞・秋の前哨戦は、3レースとも勝ち馬がグッドパフォーマンスを見せた。 中でも抜きん出た強さは、京都大賞典の◎ラブリーデイ。中団から直線は狭い馬群の中を瞬時に割った。前半1000メートルが60秒5…
Copyright(C) ガッポリ大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.