ガッポリ大衆TOP バラエティ ガッポリニュース

怒濤のSGチャレンジカップは、石野貴之が逃げ切りV

2016-11-29

もっと画像を見る

 SG(スペシャルグレード)優勝者27人が集結するという、怒濤の開催となった「SGチャレンジカップ」。11月22日から6日間に渡り、ボートレース発祥の地・大村で水上の熱闘が繰り広げられた。

 優勝戦の前に、大興奮だったのが準優勝戦。5日目の第10Rは、今思い出しても胸が熱くなる。

 4号艇の菊地孝平が鋭い01スタートを切ったが、その外をこちらも01スタートだった5号艇の篠崎仁志がマクる! さらに、狭いスペースを斬り裂いて差し込んだ篠崎は、逃げる1号艇・森高一真にも舳先をかける勢い。

 ここは森高が押し切ったものの、2着は篠崎で決まり、と思いきや、そこへ混戦の3着争いから抜け出してきた3号艇・丸岡正典が猛追してくる。いやはや、この短い時間の中で、いくつものドラマが交錯!

 結果は、森高、篠崎、丸岡で決着。3連単153で63.2倍という好配当に、思わず咆哮を上げてしまった。

 そして翌日、いよいよ運命の優勝戦を迎える。1番人気は、1号艇の石野貴之。オーシャンCに続く、今年2つ目のSGタイトル戴冠なるか!?

 レースは、3号艇の吉川元浩が転覆する激しい展開。そんな中、石野がキッチリ逃げ切りVを決めた! 2着に辻栄蔵、3着に坪井康晴。3連単19.6倍の決着となった。

 次回はついに、今年の総決算となるグランプリ「賞金王決定戦」(12月22日~25日)。名勝負と高額配当を夢見て、その時を待ちわびたい。

《ボートレース公式サイト》
http://www.boatrace.jp/

ダービーを予想する場合、やはり皐月賞組を軸に組み立てなくてはならない。過去10年の前走・皐月賞組は〔75560〕。率が良いというのではなく、単純に馬券に絡む馬の絶対数が多い。 皐月賞から直行してきた…
Copyright(C) ガッポリ大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.