ガッポリ大衆TOP ボートレース 美女選手名鑑

心技ともに成熟期の水口由紀が、プレミアムG1クイーンズクライマックスへ激走!

2016-12-11

 今年2月16日、水口由紀選手は「G3平和島レディースカップ」(ボートレース平和島)で久しぶりの美酒を味わった。1コースから発進した精鋭・長嶋万記選手を2コースから差し、1着となったのである。3連単の配当は、1万4400円を演出。2014年8月の「G1レディースチャンピオン」(ボートレース三国)以来、およそ1年半ぶりに味わった美酒だった。

 父親の勧めでボートレーサーを目指し、高校卒業後、ボートレースを養成する本栖研修所へ進む。ボートレース琵琶湖で初陣を飾ったのは、1992年5月のこと。初勝利は92年9月に琵琶湖で、初優勝は2004年12月に宮島で果たしている。

 現在、43歳。心技ともに成熟期を迎え、後輩選手からの信頼も厚い。この年末に出走する予定の女子レーサーの大舞台「プレミアムG1クイーンズクライマックス」(ボートレース平和島=12/26~31)で、後輩選手らも待ち望む大金星をその手で掴んでほしい!

水口由紀(みなくち・ゆき)
登録番号 3580
生年月日 S48/01/07
身長 158cm
体重 47kg
血液型 O型
支部 滋賀
出身地 京都府
登録期 70期
級別 A2級

《ボートレース公式サイト》
http://www.boatrace.jp/

 有馬記念は、師走特有の狂騒的な雰囲気がそうさせるのか、すべてのレースが語り草となる。中でも99年の第44回有馬記念は、前年の覇者グラスワンダーVS天皇賞・秋、ジャパンCと連勝中のスペシャルウィーク…
Copyright(C) ガッポリ大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.