ガッポリ大衆TOP 競馬 阿部幸太郎

【G2阪神大賞典】G1天皇賞・春の前哨戦にサトノダイヤモンド登場!「阿部幸太郎 オレの美味予想」

2017-03-15 [週刊大衆2017年03月27日号]

 来年度のJBC競走がJRAの主催で、京都競馬場で行われる見込みだそうです。JBC競走は地方競馬の最大の祭典。これまでは地方競馬の各場が持ち回りで開催されてきましたが、ついにJRAにお助けを願った格好。より広く知ってもらい、今後のダート競馬の発展につなげたいとの判断ですが、実情は高額の賞金の工面がネックという声もあります。

 一応、来年度限定だそうですが、地方競馬の最大の祭典をJRAに渡していいのか。これが地方競馬の発展になるのか。なんとも首を捻ってしまいます。いずれJRAに定着するかも知れません。

 さて今週は天皇賞・春の前哨戦、阪神大賞典が行われます。注目は菊花賞、有馬記念を連勝中の古馬の代表格サトノダイヤモンド。実績、能力からこの中では一枚も二枚も上。

 とはいえ、あくまでも本番は天皇賞。そこに他馬のつけ入るスキがあります。昨年の阪神大賞典を圧倒したシュヴァルグラン。JC3着です。そのJC組から成長株トーセンバジルに、上昇タマモベストプレイ。この週末は楽しみです。

■阿部幸太郎 プロフィール
1949年生まれ。宮城県出身。競馬評論家。専門誌に連載を持つほか、ユニークな語り口で競馬番組にも数多く出演。“アベコー”の愛称で多くの競馬ファンに親しまれている。

「バカチンと聞いて、連想するのは誰だろう?」 競馬場でそういう話になったことがある。6月20日(土)、東京1Rで、1~4番に入った馬の名前の末尾がバカチンだったのだ。 1番 オレデヨケレ(バ) 2…
Copyright(C) ガッポリ大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.