ガッポリ大衆TOP 競馬 井崎脩五郎

【G1皐月賞】ファンディーナ、歴史的大名牝の誕生か「井崎脩五郎 競馬新理論」

2017-04-10 [週刊大衆2017年04月24日号]

 ファンディーナは、男馬も軽くひねってしまうのか。わくわくするような皐月賞だ。デビューから(1)(1)(1)着と負け知らず。しかも前走、初の重賞挑戦も、初の関東への輸送も、まったく苦にせず、直線で2番手から抜けだすと後続を馬なりで5馬身もちぎり捨てた。勝ち時計は1分48秒7。もし追っていたら、前日のスプリングS(1分48秒4)をしのいでいた可能性がある。

 昭和50年(1975)以降、皐月賞が通常通り中山で行われたケースで、「前3走とも1着、しかも前走で芝良1800メートル以上の重賞を1馬身半以上の差で勝ってきた馬」は、[5・0・1・4]という成績を残している。勝ったのはカブラヤオー、シンボリルドルフ、ナリタブライアン、テイエムオペラオー、ロゴタイプの5頭。

 負けた5頭はそれぞれ訳ありで、ハギノカムイオーは初めての逃げられない競馬。ダイナガリバーは予定していたスプリングSが雪で順延になり、出走を見送ったための休み明け。キーミノブは初コースのうえに前3走とも体重増なし(6キロ減→変動なし→4キロ減)。ウイニングチケットは4戦連続の関東輸送。そして昨年のサトノダイヤモンドは初コースのうえに、ゴール前で降着や騎乗停止が生じるほどの進路妨害を受けたのが、理由。

 ファンディーナはすでに1、2戦目で男馬とも対戦しており、ここも圧勝の可能性すらある。

■井崎脩五郎 プロフィール
1947年生まれ。東京都出身。競馬評論家・コラムニスト。独特のレース予想と明るいキャラクターで人気を博し、数々のテレビ番組に出演。多数のコラム連載も持つ。

物心ついた頃から、ずっと夢だったのが、「いつかダービーを獲りたい」ということでした。  ここだけの話ですが(笑)、僕がまだ
Copyright(C) ガッポリ大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.