ガッポリ大衆TOP パチンコ・パチスロ パチスロ

パチスロ勝利の隠し味「ハーデス攻略のツボはココ!!」

2014-05-03

パチスロ勝利の隠し味
第2回「メインがねぇ」


ハーデスです。『アナザーゴッドハーデス』。明けても暮れてもハーデス三昧になりかけています。松本バッチです。



『アナザーゴッドハーデス-奪われたZEUSver.-』(ミズホ)
「ミリオンゴッド」シリーズ最新作。1ゲームあたり純増2.9枚のAT機で、AT「ゴッドゲーム」当選時は必ず上乗せ特化ゾーン「ジャッジメント」からスタート。特化ゾーンは3種類あり、ケルベロス(約+75G)、ベルセポネ(約+150G)、ハーデス(約+300G)と、選ばれるキャラクターによって獲得ゲーム数の期待値が異なる。



この野郎、なかなか面白い。とにかく出玉ポテンシャルが高い。それが一番の魅力であることは間違いありません。奇数図柄をババーンと揃え、そこから入る上乗せ特化ゾーン「ジャッジメント」が勝負。鬼が出るか蛇が出るか といわんばかりに液晶をガン見するわけですが、まぁ基本は期待値最低のケルベロス(犬)が出てくるわけで、ワオーンといわれ続けるわけです。たまぁーにペルセポネ(女性)。もっとたまぁーに、もしくは1570ゲーム到達による天井発動でハーデス(男性)が出てきますんで、そんときこそ頑張り時。今でしょといわずとも今やるんです。





そんなハーデスはホールでも大人気。ぶっちゃけ外から見ても「すんげー出てる」となるわけで、その稼働の高さも頷けます。ただし、出玉を持っているからといって「勝っている」とは限らない。僕もね、頭上に2、3千枚のコイン持ちつつも、収支は白目むくほどドマイナスという状態を幾度となく味わってきてます。

そんな破天荒なハーデスさんにも、あるんです。損はさせない、コレだけ覚えといてという隠し味が。それは……


「400ゲームと800ゲーム」


というキーワード。この機種には「ヘルゾーン」という自力解除ゾーンが搭載されているわけで。ヘルゾーンに入るということは、それすなわち当たりへの近道。そのヘルゾーンが400ゲーム台と800ゲーム台で突入しやすい。1日通して打つときに、このゲーム数が重要なチャンスアップの役目を果たしているわけです。ここを打たずして、勝利はナシといっても過言ではなぁい! 直前でヤメちゃうのはもったいないし、直前のゲーム数で落ちているのに打たないのはもったいない! PAYOUT100%弱を100%にまで持ち上げるには十分すぎる隠し味でい! もってけドロボー!


そんな隠し味を持ってして挑んでるわけですから、僕のハーデス収支も……。僕のハーデス収支? 聞く? 聞いちゃう?

ドマイナスだよバカヤロー。

これはアレだぞ。楽しんだ分を加味しても、だぞ。その理由は明確! 火を見るよりも明らか!

GOD揃いが足りてない。





いわばね、「ミリオンゴッド」シリーズのね、醍醐味ですよ。1/8192のプレミアムフラグ、GOD揃い。本機においても当然目玉。ゴッドゲーム100ゲーム+ジャッジメント3個がもらえる、出玉面においての最重要フラグ。僕のハーデス稼働ゲーム数は、おおよそ8万ゲーム。ざっと計算してもGOD揃いを10発引ける試行ゲーム数です。その間、僕に訪れたGOD揃いは……

2回。

殺しにきてる。ハーデスさん、完全に目がマジ。あと8発どこいってもーてん! ワイのGOD揃いどこいってもーてん! ね、これじゃあ勝てないんだわ。収支的な話はいわずもがな、楽しむったって、目玉フラグが全っ然足りてねぇんだもの。隠し味うんぬんの前に、メイン素材入ってねぇから。味は付いてってけど具がねぇから! ま、完全確率によって抽選されるパチスロに、ハマリと連チャンは付き物。いいんです。いずれ来るんでしょう、めっちゃ引ける時期が。待ちましょう、その時まで。


僕の財布が保てば、の話ですが。




(C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT
(C)MIZUHO



■松本バッチ プロフィール

1982年福島県生まれ。「勝つために打つのではなく、より楽しく打つために勝つ」をモットーに、パチスロ攻略マガジンをはじめ、各種パチンコ・パチスロメディアで活躍中。

急に暖かくなった日差しと、桜を一気に散らした雨模様。そんな春の訪れとともに、威風堂々ヤツが姿を現しました。 『ミリオンゴッド-神々の凱旋-』(ユニバーサルブロス)  僕も首を長くして待っていたファン…
Copyright(C) ガッポリ大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.