ガッポリ大衆TOP パチンコ・パチスロ パチスロパチンコ

知って損なし!! パチンコ店『危険日』の常識

2014-05-15

沙雪のパチンコホール裏話
第3回「パチンコ店の危険日の常識!」



こんにちは、沙雪です。前回は「ボッタクリ」ホールを見抜くポイントを紹介しましたが、今回は「勝ちにつながるポイント」ということで「パチンコ店の危険日の常識」をご紹介していきたいと思います。危険日とは回収日、つまりお店が出したくない日ですね。

パチンコ店というものは「この日は出すぞ!」「この日は回収するぞ!」とハッキリ決めて営業しています。もちろん店によって違いはありますが、その基本的なパターンはわりと決まっています。どうせパチンコ・パチスロを打つならば「出すぞ!」という日のほうが勝ちやすいもの。"パチンコ店の回収の常識"を覚えておいてソンはありません!


「連休がヤバいってホント?」

大型連休は回収営業……と、きいたことがある方も多いのでは? この業界、お休みと回収はセットです。パチンコ店は1年365日営業していますが、繁忙期といわれる時期は世間の人々が休みの時期。カレンダーでいうと「GW」「お盆」「年末年始」なんかの大型連休はその最たるもの。

連休中はどこに行っても混んでるから出かけたくない、でも暇だしちょっとパチンコでも……なんていう方はたくさんいます。そんな方々を狙って、釘を渋くして待ち構えているわけです。出玉サービスしなくても打ってくれますからね。特にお盆と年末年始は「ボーナス」支給後ですから、気前も良くなりがちですし。

ただ、お店の看板機種は、繁忙期でもそこまで渋くはしません。うちの店では、今年のGWはパチンコの『ルパン』『海物語』、パチスロの『モンスターハンター』『まどか☆マギカ』あたりは他の機種よりは甘めにしていました。お休み後も店が大事に使っていきたい機種の調整は甘いことが多いですよ♪ 

繁忙期がお客さんに厳しい一方で、逆に2月6月10月11月あたりは閑散期。「甘くしなきゃお客さん来なくなっちゃう!」という調整になることも多いので、要チェックです。

ちなみに今年のGW、沙雪の働く店では「なんでこんなに出てるんだよ! 出すぎだろ!」と上司がお怒りでしたので、今後は当分厳しい調整になりそうです。逆にGWに全然出ていなかったようなホールは狙い目かも♪


「週末回収って土日だけじゃない!?」

世間の方々が1週間のうち一番テンション上がるのって、金曜の夜から日曜の昼過ぎくらいまでではないでしょうか? そう、そこはパチンコ店が1週間のうち最も混む時間……。特に、金曜の夜にホールにいらっしゃるサラリーマンの方の「1週間がんばった感」はスゴいです(笑)。

よく「土日は渋い」なんてことを言いますが、実は金曜日が明暗ポイント。
その週末を回収営業する場合は、金曜日からはじめることがほとんどなんです。逆に言うと、金曜の夜に打てる台があるようならば、土日もそこまで渋くはならないはず。

もっと言っちゃうと、月曜日と木曜日は要チェックです。月曜日は新台に力を入れますし、木曜日は週末への"種まき"で甘くしていることが多いですよ♪


「月末×給料日が重なると……?」

給料日って25日に支給される会社が多いですよね。もしくは月末とか。だから公共料金などの金融機関の引き落としも月末とかが多いですよね。そう……パチンコ店も月末がポイント!

多くのパチンコ店では1ヶ月ごとで1年分の利益目標というものを立てております。導入する新機種のスペックやメーカー発表の数値など、あらゆる角度からこまごま計算して利益目標を算出するのです。

で、1ヶ月ごとの目標利益に届かなさそうだと「月末にぶっこ抜く!」なんて調整になってしまうこともあるのです……!! 月末はユーザーさんの懐事情も明るいからなおさら、なんですよね。ただし締めは月ごとなので、1日からは調整も変わってきます。

余談ですが、年金の支給日「偶数月の15日」にはシマが賑わいます。そこで渋くするようなマネはさすがにしませんが、悪い店ならあるかもしれません。


「新台入替ってどうなの?」

昔は「新装開店はお祭り騒ぎ!」っていうイメージだったかと思います。でも最近はいきなり回収から入ることも少なくありません。人気の出そうにない機種の場合は、お客さんがついているうちに機械代の元をとっておこう、ということですね。

ただ"広告規制"の影響で、出玉イベントがうたえなくなってしまった昨今、新台入替は大きな集客ポイント。ここで出さなきゃいつ出すの! っていうのもまた事実です。

新装開店の日は都道府県によって異なりますが、月曜日か火曜日に入れることが多いと思います。パチンコだと「羽根物」や「くるくるぱちんこ」なんかは釘の調整が難しくて、完璧に調整したはずでも新装初日になぜか超ブン回っていてマネージャーに大目玉……なんていう話をよく耳にします。

パチスロの場合、近頃の機種は出玉が暴れがちで、メーカー発表と異なる数値になることもしばしば。自然と様子見から入るパターンが多くなります。なので、新装の日は挙動を確かめるべく①から⑥の設定を全部入れてみたりすることもありますから、導入する機種のスペックは要チェックです。

あと、最新台の新台入替なのか人気機種の増台なのか? はたまた世間では古い機種でもその店では新台なのか? というところも重要なポイントです。

「とりあえず何でもいいから、うちの店に無い台を入れてみた」のは論外ですが、最新台や人気機種の増台なら、今後の看板機種となるような調整をしていることが多いので狙い目ですよ♪



とまあ、こんな具合に「危険日」と「狙い目」を紹介してみました。このへんの「常識」を頭に入れて、最寄りのホールの新台入れ替えのポスターや客付きを観察し「そのホールのクセ」をチェックしてみましょう。幸いにも今はGW後の狙い目の時期。そして、月末に給料をもらってもグッとこらえて、月始の甘めな日を狙う。これだけで勝率がぐ~んとアップするはずですよ!


■沙雪 プロフィール
「パチンコ攻略マガジン」においてライターを勤めるかたわら、某パチンコチェーンの中間管理職者という別の顔も持つ。
◎Twitterアカウント
@sayuki_P_maga
◎沙雪のブログ【七色さゆ記】はこちらから!
http://www.pachimaga.com/
2012年からプロスポーツとしてスタートした「ガールズケイリン」は、その名の通り、女子選手による競輪競技。ド迫力のレース内容だけでなく、選手個人の魅力にも熱い注目が集まっている。日刊大衆では、その女…
Copyright(C) ガッポリ大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.