ガッポリ大衆TOP

新着


 SG(スペシャルグレード)優勝者27人が集結するという、怒濤の開催となった「SGチャレンジカップ」。11月22日から6日間に渡り、ボートレース発祥の地・大村で水上の熱闘が繰り広げられた。

 有力馬の引退、故障で全体のレベルが下がった印象がある今年の高松宮記念。クローズアップすべきは明け4歳馬だ。馬券はシュウジ-ソルヴェイグが本線。  世代レベルの高さは昨年の実績が証明する。2つあ…


バラエティ

2017-03-23 [週刊大衆2017年03月27日号]

G1シーズン到来! 春競馬データで読み解く「勝てる騎手」

 万馬券を一発当てて、豪勢な“晩酌タイム”。そんな我々庶民の夢をアシストしてくれる乗り手はこの男!  競馬も、いよいよ本格化。競馬は馬8割、騎手2割といわれるが、近年の外国人トップ騎手の騎乗を見れば…


 ミッキーアイルが引退、ビッグアーサーが脚部不安、ダンスディレクターが骨折と、主役不在の短距離界。高松宮記念も、人気が読めないほどの混戦模様だ。  昨秋のスプリンターズS覇者のレッドファルクスは、香…


 3月11日午後2時46分。中山、阪神、中京の各競馬場から、東北地方を襲った大震災で被害にあったすべての方に黙祷を捧げました。6年前……あまりにも無力な自分に落胆しました。競馬があってよかった。…

 3月11日午後2時46分。中山、阪神、中京の各競馬場から、東北地方を襲った大震災で被害にあったすべての方に黙祷を捧げました。6年前……あまりにも無力な自分に落胆しました。競馬があってよかった。…


「ゾロ目は、オペレーション変更のサイン」 タカモト方式の生みの親である高本公夫さんは、よくそうおっしゃっていた。1987年に有馬記念で(4)-(4)のゾロ目が出たあと、翌年を皮切りに有馬記念で6…


 スプリングSと弥生賞はともにG2であり皐月賞トライアル。しかし両者の傾向はけっこう異なっている。  弥生賞は前走オープン1着馬が強いレースで、今年も京都2歳Sの優勝馬カデナが制した。またスローペ…


 柔和な表情が魅力的な大橋栄里佳選手。自衛官と結婚し、2児の母というママさんレーサーだ。2003年5月27日に福岡でデビュー(5着)。同年12月17日、児島で行われた「瀬戸の女王決定戦」5日目の第1…

アドリブ兄「パチ&スロ 軍資金3000円で巨万の富を目指す男」 第20回 VS豊丸とソフトオンデマンドの最新作 プルルルル……プルルルル…… 「あ、お疲れ様です! どうしました?」 「いやちょ…


 昨年暮れのグランプリ・有馬記念を制したサトノダイヤモンドが今週の阪神大賞典から始動する。放牧から帰厩後に2本の時計をマークしたあと、本格的な追い切りは3月2日のCWコースだ。先行するサトノノブレ…


 来年度のJBC競走がJRAの主催で、京都競馬場で行われる見込みだそうです。JBC競走は地方競馬の最大の祭典。これまでは地方競馬の各場が持ち回りで開催されてきましたが、ついにJRAにお助けを願った…


 サトノダイヤモンドはここまでの3戦で圧勝。最初の2レースは極端なスローペースの競馬で、前走のきさらぎ賞はある程度平坦なラップだったが、それでも圧勝となったのは決め脚の差がものを言ったからだ。少頭数…
競馬

2017-03-14 [週刊大衆2017年03月27日号]

【武豊】「毎日でも競馬をしたい」が騎手の本音です

 春爛漫。今週末は今年初めての変則3日間開催。18日の土曜日は、阪神と中京で、19日の日曜日は中山と阪神で、春分の日の20日は中山と中京で、それぞれ熱い戦いが繰り広げられます。 ――開催スケジュー…


 昨年7月2日、京王閣競輪場でデビューし、同年9月19日に松戸競輪場で初勝利(3連単の配当は5万1950円!)を飾った齊藤由紀選手。出身は北海道なのに、登録地が愛知県となっているのは、高校卒業後、知…


 出久根達郎さんの短編を集めた『半分コ』(三月書房)という本がある。タテ15.3センチ、ヨコ11.7センチの小箱入り。その表題作の「半分コ」が、和文英訳授業の対象になったと、近所のラーメン屋でよく…


豊クン。豊さん。豊ジョッキー……その人によって呼び方はさまざまです。負けて帰ってくると、スタンドのお客さんはほぼ呼び捨て。「豊ーッ! カネ返せ?」という声がアチコチから聞こえて来ます(笑)。

「安倍首相がんばれ! 安倍首相がんばれ!  安保法制国会通過よかったです。日本がんばれ! エイ、エイ、オー!」 驚きました。国有地の払い下げ問題で揺れる大阪豊中市にある森友学園。園児に授業の一環と…


パチスロ勝利の隠し味 松本バッチ 第52回「アツくなれる機種」  日中の気温が肌で感じるぐらいに暖かくなり、春の訪れを感じる今日この頃ではございますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。毎日のよ…


 金鯱賞は今年から時期が移行。年末で有馬記念に一応つながる、というレースだったものが大阪杯の前哨戦となった。ただ想定メンバーを見ると、中山記念にビッグネームがたくさんいたのに対し、こちらはG2らし…


 今週はクイーンSとアイビスサマーダッシュが行われるが、アイビスのほうは枠順を見ないと予想のしようがない。今回はクイーンSのほうを予想する。古馬重賞になってから16回行われてきたクイーンS。そのうち…

 今週から第2回中京競馬が始まり3場での開催。すべての競馬場で重賞レースが組まれている。日曜阪神のメインは桜花賞トライアルのフィリーズレビュー。必勝を期すのはレーヌミノルだ。  デビュー2連勝で…


現役パチプロ・アンドレ「パチンコ事情」最前線!! 第42回 パチンコホール「激アツ情報」のありか 「明日は入替オープン!」のメールが届いたのでホールに突撃。すると『ジュースの自販機』が新しくな…


競馬

2017-03-07 [週刊大衆2017年03月20日号]

【武豊】弟・武幸四郎が引退。自身の引退は!?

 2月26日、阪神競馬場で弟・幸四郎が20年の騎手生活に別れを告げました。レース後も引退セレモニーでも、涙は一切なし。笑顔、笑顔、笑顔の引退式は、いかにも幸四郎らしいものだったと思います。  19…


Copyright(C) ガッポリ大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.