ガッポリ大衆TOP

新着


まず最初に、香港馬2頭の評価から決めておきたい。 春にエアロヴェロシティが勝っているだけに気になる存在かもしれないが、今回の2頭はちょっと厳しいというのが私の評価だ。 ラッキーナインは加齢により…
競馬

2016-06-06 [週刊大衆2016年06月20日号]

ヒダリー・クリントン候補【井崎脩五郎 競馬新理論】

 ゴールデンウィークを利用して、あちこちに出掛けていた立川末広が、またいろいろ「落書き」を採取してきた。居酒屋の壁だとか、あるいはトイレに書いてあったのを、メモしてきたもの。人間は、原初の時代から洞…


 東京に長い間、住んでいると、芸能人や文化人などの有名人に、街角でたまたま出会うことがある。そんな体験のなかで一番、印象深いのは人気絶頂期のアイドル、山口百恵さんと遭遇したことだ。 あれは渋谷駅の西…


 兄はボートレーサーの松尾祭選手(香川)。妹の松尾夏海選手は高校時代、ソフトボールに打ち込んでいたが、兄の影響でボートレーサーの道へ進むことに。高校3年のとき、やまと学校を受験すると、1回目で合格。…


「あと、もうちょっと」 6月26日に行われたGI「宝塚記念」。ゴールはもうすぐ目の前まで迫っていましたが、そのちょっとが届かず、僕とキタサンブラックは、無念の3着に終わりました。優勝したのは5歳牝馬…

 僕もパチスロを打ち始めて十数年が経ちました。ほぼ毎年のように、それこそ巡る巡る季節のように、はたまた流行りの風邪をひくように、1年のどこかで訪れるモノがあります。「僕がいったい何をしたというんだ」…


 私はデータで予想する立場だが、今の◎モーリスについては強さの絶対値で支持せざるをえない。レース回数を重ねると状態維持の面でリスクもある馬だが、休養明け2戦目では、そういった心配もないだろう。 もう…


 GI4連勝中のモーリスに注目が集まるが、今回は輸入検疫→着地検疫と仕上げ過程でのマイナス材料がある。能力は断然だが、スキもあるとみた。逆転候補の一番手にサトノアラジンを挙げたい。ひと叩きして攻め強…


『武豊ディサイファ快勝、30年連続重賞V』 『武豊、ディサイファで30年連続重賞V』 『ディサイファ、重賞4勝目!武豊は前人未到の30年連続重賞Vを達成』 過去最強クラスの大寒波が日本列島を直撃。鹿…
競馬

2016-06-01 [週刊大衆2016年06月13日号]

【武豊】ラニと学んだ「負けを噛み締める」大切さ

 「オークス」で沸いた22日(現地21日)、ラニをパートナーに、アメリカ三冠の2戦目「プリークネスS」(ダート1900メートル)に挑戦しました。メリーランド州ボルチモアにあるピムリコ競馬場は、「ケン…


 ドル箱なしで移動はラクラク、出玉を盗まれる心配もない「各台計数機」。打っている最中に出玉を計測してカードに記録してくれる便利なシステムですが、大当たりした時に限って玉回収パイプが詰まって大ピンチ!…


競馬

2016-05-31 [週刊大衆2016年06月13日号]

モーリス敗退理由とは【井崎脩五郎 競馬新理論】

 モーリスがもし負けるとしたら、どういう理由がありうるだろう。それを考えてみた。 モーリスは前走、プラス11キロという体重で香港のGIを勝っているが、「太目の体で走ると、その次走で反動が出る」という…


ごく当たり前の話だが、WIN5では、1着を取らないと的中にはつながらない。ハナ差の2着であってもハズレはハズレだ。 では、好走止まりになるのではなく「勝ち切れる馬」というのは、どんなタイプの馬だろう…

 小学校〜高校までバレーボールに打ち込んでいた“アスリート少女”の児玉碧衣選手。高校3年のときに、パソコンを見ていた母親から「ガールズケイリンが始まったみたいよ」と教えられたのがきっかけで、競輪の道…


 漫画家でタレントの蛭子能収さんがテレビや雑誌などによく顔を出すようになった今から30年ほど前、テレビ局のロビーでインタビューさせていただいたことがある。その時の第一印象は、「テレビで拝見するまんま…


「パチンコライター」を名乗っている私ではありますが、実はCS番組や攻略誌の付録DVD、ネット配信動画への出演など、原稿を書く以外の仕事も引き受けております。むしろ仕事の割合を考えると、いまやそれらパ…


 今年、4回も優勝を飾って一躍、注目を集めている中谷朋子選手。兵庫県立舞子高校では、陸上競技に励んでいたが、父親の勧めでボートレースの道へと進む。1996年にデビューすると、その年の12月にボートレ…

 皐月賞はディーマジェスティが差し切ったが、あの勝利には極端な展開利があった。前半5ハロンが58秒4で後半同59秒5。4ハロンではさらに前半が早い。もともと皐月賞は前半が流れやすい傾向にあるが、今年…


 超ハイレベルな争いが予想される今年のダービー。それに耐えうる体調、仕上げが進んでいるのは2頭だ。馬券の本線は、マカヒキ→サトノダイヤモンド。2週前追い切りの時点から明らかな変化があった。 まず、◎…


競馬

2016-05-25 [週刊大衆2016年06月06日号]

【武豊】夢の舞台――今週はいよいよ日本ダービーです

 今年もまた、一年で最高にわくわくする1週間、ダービーウィークがスタートします。かつて、大先輩、柴田政人・現調教師が、「ダービーを取ったら騎手をやめてもいい」という熱い思いを語り、僕自身も、初めて、…


 毎日王冠はマイラータイプでも中距離タイプでも出走できる1800メートル戦だが、馬券上のポイントとなるのは距離適性ではなく「格」だと思う。過去10年の出走馬を前走レース別に見ると、好走馬のほとんどは…
バラエティ

2016-05-25 [週刊大衆2016年05月30日号]

“開運売場”も紹介! ドリームジャンボ宝くじ「7億を当てる秘訣」

 今年もやって来たこの季節。億万長者を目指して人生の大逆転を狙うなら、まずはこの記事を読んでみよう! 5月11日に発売となった『熊本地震被災地支援ドリームジャンボ宝くじ』。賞金は1等が5億円、前後賞…


 リオンディーズについてまわる多いなる奇跡。そう言っていい不可思議な枠組みが、リオンディーズのデビューからの全4戦に見られる。まず新馬戦だが、リオンディーズの同枠には、ダイワ「メジャー」を父に持つイ…


 歌手の由紀さおりさんにインタビューさせていただいた時は感激した。なぜなら、彼女のデビュー曲であり、ミリオンセラーである『夜明けのスキャット』は私の青春時代の記憶に残る大切な一曲だったからだ。 19…


Copyright(C) ガッポリ大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.