ガッポリ大衆TOP

新着


年間収支は+約50万。ちょっとした小金をパチンコで稼ぎ出しているパチンコライター・森本レオ子が「パチンコで手堅く勝つ」方法を伝授していく、懐が少し暖まるコラムです。さて、テーマは引き続き「ライター来…

 今年のジャパンCのカク外は、昨年の同レースで掲示板を外している2頭に、そのうちの1頭、ナイトフラワーより格落ち感のあるイキートスの計3頭だ。万が一、馬券に絡むことがあるとしたらイラプトの3着だろう…


 2016年も残すところあと1カ月。早いもので、あっという間に1年が過ぎ去ろうとしています。12月はクリスマスに大みそかと、街全体が浮き足立つ、楽しい予定が目白押し。浮き足立つといえば、パチンカーに…


 400mハードルのランナーとして頑張っていた藤谷はるな選手。高校卒業後、料理人である父親の影響もあり、調理の部署がある自衛隊を受験するも、補欠合格で採用されず、将来の進路について迷っていたとき、ガ…


 これを解読しなきゃ、新理論として恥ずかしい。そう思ったなあ(笑)。11月15日(日)、京都7レースに「ハダカ」という暗号が出たのだ。

 3歳馬ディーマジェスティに期待する。菊花賞は4角手前で早々と手が動き4着敗退。いくつかの敗因が考えられるが、一番大きかったのが当日の気配の薄さだ。変にイラつき、走る方向に気が向いていなかった。初め…


 レベルが高いといわれている3歳牡馬。ジャパンCに出走する皐月賞馬のディーマジェスティが人気を集めそうだが、ここは伏兵レインボーラインの一発に期待したい。


競馬

2016-11-22 [週刊大衆2016年12月05日号]

【武豊】キタサンブラックと狙うG1ジャパンカップ制覇

 今週は、5回京都3日目に行われた10レース「観月橋ステークス」(ダート1800メートル)の話から始めましょう。――えっ!? それって重賞でも、G1へのステップレースでもないし……。という声があちこ…


 CBC賞は今の条件に変わってから、まだ4回しかやっていないので、データで語るのは難しい面がある。ただ、そんな中でも見えてきているのが「格上タイプ有利」という傾向だ。 馬券に絡んだ馬を振り返ると高松…

 シュヴァルグランは前走で、いくつもの不安材料を、根こそぎ吹き飛ばしている。休み明け、初コース、初の左回り、実績のない斤量(56キロ以上ではそれまで5・8・3・9着)。これだけ揃えば、凡走しても不思…


 年末が近づき、ボートレースの選手たちによる賞金王争いが熾烈になってきた。そんな中、長崎県のボートレース大村で11月22日から27日にかけて、「チャレンジカップ」が開催される。このレースは、獲得賞金…


 マイルCSの過去10年を前走レース別成績で振り返ると、7つのレースが優勝馬を出しており、他に3つのレースが2着馬を出している。スワンSからは41頭、富士Sからは50頭の出走馬があったが、優勝馬はそ…


年間収支プラス50万の凡人パチンコライター・森本レオ子が、誰でもマネできる堅実な勝ち方を指南する本コラム。今回はちょっと趣向を変えて、パチンコにまつわるタブーに迫りたいと思います。題して、「ズバリ、…

 今年、4回も優勝を飾って一躍、注目を集めている中谷朋子選手。兵庫県立舞子高校では、陸上競技に励んでいたが、父親の勧めでボートレースの道へと進む。1996年にデビューすると、その年の12月にボートレ…


 本格化したサトノアラジンが今年こそ主役だ。昨年は4着に沈んだが、4角から直線入り口にかけて窮屈になるシーンがあり、外に出した1F過ぎから伸びたものの、コンマ2秒差届かなかった。キャリアを重ねてはい…


 毎年恒例の「全国パチンコファン感謝デー」。大昔に1等のテレビが当たって以来、ヤクルトはおろか粗品すらもらえぬまま10数年たってしまった……ポンコツパチプロのアンドレです。


酔うとイタしたくなるのは男の常。とくにヤリ盛りの20代はひどかった。 アタシが24歳の頃。渋谷のパチンコ屋を主な稼ぎ場所にしてパチプロをしていたのだが、そのとき付き合っていた女子がいた。 ある夜…
競馬

2016-11-15 [週刊大衆2016年11月28日号]

【武豊】勇気ある挑戦だったブリーダーズC

 騎手になって30年。挑戦できるだけでも贅沢な日米のブリーダーズカップを2つとも、この手にできたら……これは、ちょっとすごいことですよね。 表彰台に上がる自分を想像しながら挑んだビッグレースの着順は…


 マイルCSには、不振をきわめる文字がある。有名なのは「頭文字ヤ行(ヤ・ユ・ヨ)」。すでにマイルCSは32回も行われているというのに、頭文字ヤ行の馬は出走すらなかなか叶わず、出たのは9頭のみ。その9…


 先日、東京に木枯らし1号が吹き荒れ、年末が近いことを教えてくれたが、年末になるとボート界では毎年、賞金王を決定するビッグレース「グランプリ」が開催され、多くのファンで賑わう。そして、女子選手の場合…


 SG(スペシャルグレード)優勝者27人が集結するという、怒濤の開催となった「SGチャレンジカップ」。11月22日から6日間に渡り、ボートレース発祥の地・大村で水上の熱闘が繰り広げられた。

 3歳の大物、ジュエラーが戦線離脱したため、古馬勢が有利になってくる。古馬の選び方には一つの原則があり、それは“牡馬と戦ってきた実績を重視する”ということだ。


 パチンカーたるもの、勝負は常に伸るか反るかのヒリつくモノでありたい。そんな日本全国の猛者たちが、愛してやまないのが「MAX機」。大当たり確率が約400分の1のパチンコ台のことですね。他のスペックに…


 蓑田真璃選手は小さい頃から体を動かすことが大好きで、小学生時代にサッカー、中高でバレーボール、大学のときはトライアスロンに打ち込んだ


Copyright(C) ガッポリ大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.