ガッポリ大衆TOP

新着


 今年限りで、東京オリンピック仕様に姿を変える世田谷の馬事公苑。名残を惜しんで出向くと携帯が鳴りました。テレ朝のワイドスクランブルのディレクター氏でした。「競優牧場のオーナーであるSが逮捕された。S…

物心ついた頃から、ずっと夢だったのが、「いつかダービーを獲りたい」ということでした。  ここだけの話ですが(笑)、僕がまだ


一度、こうと決めたことを自分の意志で変えるのは勇気がいることです。


大好きだった女の子が、突然、この世を去ってしまいました。彼女の名前は……アドマイヤグルーヴ。名牝、エアグルーヴを母に、偉大なる種牡馬、サンデーサイレンスを父に持つ、ちょっと気難しいけど、毎回、乗るの…


 今年の天皇賞・秋は、今春に海外G1を制した3頭の激突で盛り上がる。夏負けが尾を引き、前哨戦を回避したリアルスティールを除けば、あとの2頭は仕上がりもいい。

1レースから最終レースまで、競馬は出走するすべての馬に勝つチャンスがあります。では、勝つために、どうやってレースを組み立てていくのか。枠順、展開、自分が騎乗する馬の調子、レース当日の天候、馬場状態……


競馬の王道は、強い馬が強い勝ち方をすることにあります。道中、ひとつ、ふたつの不利は跳ね返し、ファンはもちろん、アンチファンをも納得させ、唸らせるような競馬が理想です。


今週(10月6日)は、日本を離れ、米サンタアニタパークでの騎乗です。


ジャパンC一本に狙いを定めたサウンズオブアースが馬券の中心軸だ。 3歳5月の京都新聞杯から、7戦すべてで重賞に出走し2着が4回もある。ノンタイトルの身ではあるが、すでにGⅠ級の実力も備えている。昨秋…

初めまして、武豊です。秋のGⅠ戦線が始まる時期に満を持して、新連載『勝負師の作法』をスタートすることになりました。


~秋緒戦で見事に重賞を勝ち、”復活の狼煙”を上げた武豊。一昨年の大事故以降、不調に苦しんだ名手が本音を語る!~傷口に塩を塗るようで申しわけないんですが、昨年は、JRAのGⅠ勝利の記録も途切れました。…


~秋緒戦で見事に重賞を勝ち、”復活の狼煙”を上げた武豊。 一昨年の大事故以降、不調に苦しんだ名手が本音を語る!~


Copyright(C) ガッポリ大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.