ガッポリ大衆TOP

新着


年間収支は約50万。サラリーマンのお小遣いレベルの小金をパチンコで叩き出しているパチンコライター・森本レオ子が「パチンコで手堅く勝つ」方法を伝授していく本コラム。 まず、パチンコで手堅く小金を稼ぐ…

 新装初日の朝、あきらかに新台を目当てとするお客さんでホールに行列ができる。そんな話が久しぶりに耳に入ってまいりました。ここ数カ月のパチスロシーンは、新台うんぬんの話でいえばちょっぴりおとなしめ。そ…


 今週は3日間の変則開催。東京、京都へと施行場所も替わる。重賞は2鞍組まれていて、2日目の日曜日は東京で毎日王冠、3日目の祝日は京都で京都大賞典が行われる。いずれも天皇賞・秋をにらんだ前哨戦だが、注…


 大人っぽい女性の魅力を感じさせる美女レーサー、原田佑実選手。2005年9月に97期として選手登録され、同年11月22日、ボートレース常滑でデビューを果たす。しかし、記念すべきデビュー戦ながら、残念…


 2016年7月24日、平塚競輪場で新星が誕生した。打鐘から先行する加瀬加奈子選手、捲ろうとする児玉碧衣選手、そしてその後方から、デビューして2場目の鈴木奈央選手が捲りの態勢に入る。ゴール前で児玉選…

 未発表の段階ですが、来年のJRA12月最終日は「有馬記念」ではなくなる、と言うことが聞こえて来ました。例年、その年の最後を飾る競馬の祭典「有馬記念」。それが来年は有馬記念から4日後の12月28日に…


 どうしても打ちたい台があったので、朝早くから並んだら1番の整理券をゲット。とりあえずドアが開いて入店しましたが、後ろのお客さんが一斉に走り出して全員に追い抜かれちゃいました。本格的なポンコツパチプ…


競馬

2016-10-04 [週刊大衆2016年10月17日号]

【武豊】楽しみな2歳馬&期待の古馬が登場します

 来年のクラシックに向け、みんなの熱い期待を背負った有力馬たちが、次々にデビューしています。一生に一度しかないデビュー戦……クビ差で涙をのんだエアウィンザーも、その一頭です。


 毎年、有馬記念になると、同じ趣旨の予想を披露している。それは、「その年の中山G2で好走した馬を狙え」というものだ。 馬の中には能力の絶対値で東京と中山の両方をこなしてしまう馬もいるが、適性として東…
競馬

2016-10-03 [週刊大衆2016年10月17日号]

自ら悪漢を名乗る洒落っ気【井崎脩五郎 競馬新理論】

「カカト」という暗号が出た。9月18日(日)、中山の1R。1~3番に入った馬の、名前の末尾が、つなげると、カカトになっていたのである。


 アタシは惚れやすい。そして、これまでにたくさんの片想いをしてきた。振り返れば、ボートレースでも、好きなのになぜか舟券の相性がよろしくない選手も多いよなぁ……。


 スプリンターズSから見て直近のステップレースはセントウルSだが、今年はGⅠ馬のビッグアーサーが勝ってきたので、人気の盲点になりようがない。では、他のレースから来る馬がセントウルS組に比べて劣るかと…


――6年ぶりですね。 8月に入って、マスコミの方から、こんな言葉をかけられることが何度かありました。 「えっ、何が!?」 「ワールドスーパージョッキーズシリーズじゃなくて、世界の一流ジョッキーが腕…

 前回、大ハマリ体験談について書いたところ、ありがたいことにかなりの反響があったそうで。みなさん、人の不幸が大好きなんですね(笑)。だからまた、不幸体験をネタにアクセス数を稼ごうかと思ったんですが、…


 秋のスプリントGⅠも、主役はビッグアーサーだ。中間調整の素晴らしさから負けるシーンはないと、当欄でも強調した前哨戦のセントウルSはイメージ通りの強さだった。


 9月17日(青森競輪)のガールズケイリン決勝を含め、決勝戦に8回連続で進出し、2着4回・3着2回という好成績を記録した東口純選手。 身長は小柄なのに、小中高時代を通じてバスケットボールに励んだが、…


 ◎ホッコータルマエが、2連覇達成濃厚だ。 秋初戦のJBCクラシックからチャンピオンズCの日程は昨年とまったく同じ。前哨戦は今年もコパノリッキーの軍門にくだったが、レースは前半の4F50秒0で逃げた…

 10月2日、いよいよ日本競馬にとって、歴史的な瞬間が訪れるかもしれない。世界最高峰のレース、凱旋門賞に、日本馬が優勝しそうな勢いなのだ。さらに今年の凱旋門賞は特別な意味を持つ。実は今回、日本で初め…


競馬

2016-09-27 [週刊大衆2016年10月10日号]

【武豊】4000勝はお世話になっているオーナーの馬で

 ついに……というか、やっと……というか(苦笑)。雨の阪神4レースで勝利を挙げ、海外と地方を合算しての通算4000勝を達成することができました。マジック1になったのは9月3日の札幌10レース。気持ち…


競馬

2016-09-26 [週刊大衆2016年10月10日号]

「グ」「ズ」では勝てない【井崎脩五郎 競馬新理論】

 1番人気が予想されるビッグアーサー。このビッグアーサーという7文字のうち6文字は、GⅠになってからのスプリンターズS優勝馬の名前の中にすでにある


25日から蒲郡で開催されるモーターボートメモリアル。 ガマ(蒲郡競艇場)は、1マークから対岸(バック)までの距離が156.7mあり、これは全国一の広さである。この広さが、握って回れる高速水面と呼ばれ…

 アタシはB級グルメに目がない。いわば、食いしん坊である。G1「江戸川大賞」の開催が迫っているが、この名物レースが行われるボートレース江戸川で、そんな食いしん坊ゆえに大失敗をしてしまったことがあった。


 牡馬クラシック三冠目の菊花賞が近づいてきた。今週の日曜日は阪神競馬場でそのトライアル、神戸新聞杯が行われる。春の2冠は皐月賞がディーマジェスティ、2、3着がマカヒキ、サトノダイヤモンド。ダービーは…


 過去10年のオールカマーで、出走全馬の単複を均等買いすると、回収率は単54%・複57%。標準的な値の75~80%よりかなり低く、それだけ堅く収まるレースであることを示している。人気順ベースで見ても…


Copyright(C) ガッポリ大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.