ガッポリ大衆TOP

新着


 チャンピオンズCは前身のJCダートと施行条件が変わったうえ、JCダートも東京から阪神に変更されたので、過去のデータを参照した予想が難しい。ただ、ダート中距離路線の上位馬というのはそう多くはないので…

 年末が近づき、ボートレースの選手たちによる賞金王争いが熾烈になってきた。そんな中、長崎県のボートレース大村で11月22日から27日にかけて、「チャレンジカップ」が開催される。このレースは、獲得賞金…


 マイルCSの過去10年を前走レース別成績で振り返ると、7つのレースが優勝馬を出しており、他に3つのレースが2着馬を出している。スワンSからは41頭、富士Sからは50頭の出走馬があったが、優勝馬はそ…


 今年、4回も優勝を飾って一躍、注目を集めている中谷朋子選手。兵庫県立舞子高校では、陸上競技に励んでいたが、父親の勧めでボートレースの道へと進む。1996年にデビューすると、その年の12月にボートレ…


 マイルCSには、不振をきわめる文字がある。有名なのは「頭文字ヤ行(ヤ・ユ・ヨ)」。すでにマイルCSは32回も行われているというのに、頭文字ヤ行の馬は出走すらなかなか叶わず、出たのは9頭のみ。その9…

 本格化したサトノアラジンが今年こそ主役だ。昨年は4着に沈んだが、4角から直線入り口にかけて窮屈になるシーンがあり、外に出した1F過ぎから伸びたものの、コンマ2秒差届かなかった。キャリアを重ねてはい…


 毎年恒例の「全国パチンコファン感謝デー」。大昔に1等のテレビが当たって以来、ヤクルトはおろか粗品すらもらえぬまま10数年たってしまった……ポンコツパチプロのアンドレです。


競馬

2016-11-15 [週刊大衆2016年11月28日号]

【武豊】勇気ある挑戦だったブリーダーズC

 騎手になって30年。挑戦できるだけでも贅沢な日米のブリーダーズカップを2つとも、この手にできたら……これは、ちょっとすごいことですよね。 表彰台に上がる自分を想像しながら挑んだビッグレースの着順は…


 未発表の段階ですが、来年のJRA12月最終日は「有馬記念」ではなくなる、と言うことが聞こえて来ました。例年、その年の最後を飾る競馬の祭典「有馬記念」。それが来年は有馬記念から4日後の12月28日に…

 マイルCSには、不振をきわめる文字がある。有名なのは「頭文字ヤ行(ヤ・ユ・ヨ)」。すでにマイルCSは32回も行われているというのに、頭文字ヤ行の馬は出走すらなかなか叶わず、出たのは9頭のみ。その9…


 先日、東京に木枯らし1号が吹き荒れ、年末が近いことを教えてくれたが、年末になるとボート界では毎年、賞金王を決定するビッグレース「グランプリ」が開催され、多くのファンで賑わう。そして、女子選手の場合…


 3歳の大物、ジュエラーが戦線離脱したため、古馬勢が有利になってくる。古馬の選び方には一つの原則があり、それは“牡馬と戦ってきた実績を重視する”ということだ。


 2月26日、阪神競馬場で弟・幸四郎が20年の騎手生活に別れを告げました。レース後も引退セレモニーでも、涙は一切なし。笑顔、笑顔、笑顔の引退式は、いかにも幸四郎らしいものだったと思います。  19…

 パチンカーたるもの、勝負は常に伸るか反るかのヒリつくモノでありたい。そんな日本全国の猛者たちが、愛してやまないのが「MAX機」。大当たり確率が約400分の1のパチンコ台のことですね。他のスペックに…


 蓑田真璃選手は小さい頃から体を動かすことが大好きで、小学生時代にサッカー、中高でバレーボール、大学のときはトライアスロンに打ち込んだ


 昨年と同じローテーションで連覇を目指すマリアライトだが、ディープ産駒の5歳牝馬は女王杯で[0・0・0・5]という成績。昨年もラキシスが11着に敗れ、連覇の夢は消えている。◎は関西馬から選ぶ。期待1…


 1月16日の競馬で3勝を挙げ、「よし、今日も!」と臨んだ翌17日の勝利はひとつだけ。自分の競馬はできたものの、58キロのハンデがこたえたGⅢ「日経新春杯」のサトノノブレス(3着)を筆頭に、もうひと…
競馬

2016-11-08 [週刊大衆2016年11月21日号]

【武豊】「やはり競馬は難しい」と痛感した天皇賞

――やっぱり競馬は難しい。 エイシンヒカリとともに挑んだ「天皇賞・秋」は、あらためて、その言葉を噛みしめるようなレースになりました。


 エリザベス女王杯が、「ダイアナ」の4文字を持つ馬で決まったことがある。2012年のことである。


 北九州市のボートレース若松で「G1全日本覇者決定戦」(11/3~8)が開催中。出走選手は強者ぞろいだ。地元の福岡支部所属の選手なら、先日のダービーを制覇し、現在賞金ランク1位の瓜生正義をはじめ、大…


テレビ局などのマスメディアに自粛要請でもあるのか、実に不思議な事態が起きていました。 先日の国会前に集結した安保法制に反対するデモに関するニュースを、当日の在京テレビ局は、ほとんど取り上げなかった…

 アルゼンチン共和国杯と春の目黒記念は施行条件は、かなり近いレースだが、結果は互いに違うものになってきた。


 ずいぶんと肌寒くなり、鍋なんかの温かい料理が美味しい季節になりました。皆様どうでしょうか、フトコロのほうは。良きパチスロライフで暖を取れていますでしょうか。今日は、僕からホッカイロ代わりに2つほど…


 今週は東西で4重賞が行われる。まず日曜日の東京はアルゼンチン共和国杯だ。ジャパンCを視野に入れる馬もいるG2重賞。今年は友道厩舎に注目したい。


Copyright(C) ガッポリ大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.