ガッポリ大衆TOP

新着


今年から舞台を阪神に移す朝日杯FS。中山時代とどのような違いが出るか、気になるところだ。 まず思いつくのが、関西馬が優勢になることである。若い2歳馬にとって、輸送はあるよりないにこしたことはない。た…
競馬

2016-07-19 [週刊大衆2016年08月01日号]

サグラダ・ファミリア異聞【井崎脩五郎 競馬新理論】

 函館で本格的に競馬が始まったのは、いつ頃のことなんだろう。そう思って調べてみたら、『日本近代競馬総合年表』(中央競馬振興会)にこう出ていた。1883(明治16)年=函館に北海道競馬会社設立。函館で…


 新宿から京王線に乗って30分弱、多摩霊園駅で降りて、すぐ近くの無料バス発着場から今度は約5分。関東にあるボート場の中で最も西にあるボートレース多摩川の正門に着く。その名前から、多摩川河畔に設営され…


 函館記念は、函館開催が短縮されたことや、巴賞とのレース間隔が変遷してきたことで予想が難しくなっている。ただ、ぼやいても解決はしないので、最近の結果からなんらかの傾向を導いていくしかないだろう。 一…


 いつ、誰がそう呼びはじめたのかわかりませんが、サラブレッドにはニックネームが付けられています。オールドファンに懐かしいのは、“皇帝”シンボリルドルフ。“天馬”トウショウボーイ。“流星の貴公子”テン…

 パチスロと一言に申しましても、色とりどりの機種がございます。有名作品とのタイアップ機種や、パチスロメーカーオリジナルのコンテンツ機種、はたまた実在の有名人が登場する機種まで、現状ホールで打つことの…


 今週は福島、中京で重賞レースがない。2場ともメインはオープン特別で、福島のバーデンバーデンCは関西勢にイチオシの馬がいない。千八ダートで争われる中京のジュライSは実力が接近して馬券的に面白い組み合…


競馬

2016-07-14 [週刊大衆2016年07月25日号]

自在性ありファントムライト「阿部幸太郎 オレの美味予想」

 英国のEU離脱を扇動した独立党のファラージ党首は、国内が大混乱に陥るのを見るや、あとは知らんとばかり党首の座から逃げ出しました。同様に離脱派の急先鋒だった過激発言で“英国のトランプ”とも言われるジ…


陸上競技の強豪校・順天堂大学に入学し、短距離走に打ち込んでいた。しかし卒業後、ガールズケイリンが始まるという話を耳にし、興味が湧いていった。 そこで、松戸自転車競技連盟が催している練習会に加わり、ガ…

 2014年11月にデビューしてから255走目。ついに、その時はやってきた。その名前の通り、周りをパッと明るくする、輝く笑顔が魅力的なボートレーサーの森田太陽が初勝利を飾ったのである。2016年5月…


 大当たり中にパチンコ玉が落下。落とした玉が転がっていかないよう、すかさず靴で踏んで捕獲。あとで拾うつもりが、踏み付けるだけで足つぼマッサージみたいで意外に気持ち良い。右足が終わったら左足、なんてや…


競馬

2016-07-12 [週刊大衆2016年07月25日号]

【武豊】続々デビューする新馬。来年が楽しみです

 今年は4年ぶりに、前年度を上回る新種牡馬がデビューします。ダートGIで6つの勲章を手にしたスマートファルコン。その彼としのぎを削ってきたフリオーソ。アーネストリー、オウケンブルースリ、ルーラーシッ…


 日刊大衆をご覧の皆様、十六度目まして。たったの3000円を握りしめ、パチ&スロを打って目指すは「巨万の富」。そこへたどり着くためにと、泥と汗にまみれて、もがきにもがく中年の物語……えぇ、まさに夏に…
競馬

2016-07-11 [週刊大衆2016年07月25日号]

牝馬限定戦の暗号をどう解く?【井崎脩五郎 競馬新理論】

 今年の上半期で、もっとも傑作と思った暗号はと聞かれて、思い出したのはこれだった。 6月11日(土)、阪神競馬の第1Rにこの暗号は出ていた。まず、9~11番に入った馬の、名前の末尾がこうなっていた。


 天才漫才師と呼ばれた横山やすし師匠を30年ほど前に取材したことがある。自分が言いたいことを口にするヤンチャな性格——師匠にはそんな印象があったので、機嫌を損ねないよう気配りしていたのだが、そんな心…


 過去10年の七夕賞で全馬の単複を均等買いした場合の回収率は、単勝が95%で複勝が93%。これは一般的な数値の75~80%よりも高く、それだけ七夕賞が荒れていることが分かる。七夕賞はハンデ戦なので斤…


 男子ゴルフのメジャータイトル『日本オープン』は、この試合が今年、日本ツアー初戦となる松山英樹選手が優勝。3日目、4日目は、競馬の開催日と重なるため、そのプレーをテレビで見ることはできませんでしたが…

 パチンコ攻略誌の編集部員としてスタートした、私のパチンコ業界キャリアも気付けばもう7年。「もう7年も経つのかぁ」なんてしみじみ感じているのはどうやら自分だけのようで、いわゆる毒舌な、“謙虚”からは…


 島田優里選手が競輪を目指したのは「自分の脚で高収入を得られるから」という自立心旺盛な性格ゆえ。そんな彼女の“負けてたまるか”精神がほの見えたのは、2015年7月10日、川崎競輪場で迎えたデビュー戦…


競馬

2016-07-07 [週刊大衆2016年07月18日号]

メイショウナルトが復活V!「阿部幸太郎 オレの美味予想」

24万3011票! と伝えられた瞬間、主役の「さしこ」こと指原莉乃は、ビックリした表情で口を両手で抑え、HKT48、メンバーにガッツポーズ。注目のAKB48グループの総選挙は、先行した渡辺麻友を大き…


アタシの知人には酒が好きな人が多い。そして、出世した人も。 なかには、こんな人もいた。 彼は、学生時代もよく一緒に飲んでいたのだが、ちょっと酒癖が悪いところがあった。飲み始めて30 分もすると、い…

日曜中京のメインはプロキオンS。ダート7Fで争われるGⅢ戦だ。中京に舞台を移したのは2012年。前4年を振り返ると、逃げ切り例は1頭あるが、差しタイプの活躍が目立つ重賞だ。今年も、その傾向を受け継ぎ…


競馬

2016-07-05 [週刊大衆2016年07月18日号]

【武豊】「強い牝馬」と聞いて思い出す砂の女王

「あと、もうちょっと」 6月26日に行われたGI「宝塚記念」。ゴールはもうすぐ目の前まで迫っていましたが、そのちょっとが届かず、僕とキタサンブラックは、無念の3着に終わりました。優勝したのは5歳牝馬…


競馬

2016-07-04 [週刊大衆2016年07月18日号]

ネイチャンとフーリンして…【井崎脩五郎 競馬新理論】

 最近の銀座4丁目あたりは、本当に中国人だらけ。大声の中国語が飛び交い、デパートや有名ブランド店へどんどん吸い込まれていく。 あの人波を銀座ウインズへ誘導し、賭け方を教えてバンバン買わせたら、すぐに…


Copyright(C) ガッポリ大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.