ガッポリ大衆TOP ボートレース

ボートレース


正直なところ、今年のジャパンCにおける日本調教馬の層は厚いとは言えない。 ゴールドシップは宝塚記念でスタートの失敗があった直後であるうえに、東京コースは不得手。ラブリーデイは充実期にあるものの、24…

 主人公の若者がボートレーサーとして成長していく過程を描いた漫画『モンキーターン』(講談社)に刺激されてレーサーになったという選手は多いが、塩崎桐加選手もその一人。漫画でボートレースを知り、女子王座…


 兄の小池公生選手がボートレーサー(103期)で、彼の影響により、ボートレースの道へと進んだ小池礼乃選手。師匠は、実力と美貌を兼ね備えた美女レーサーとして知られる魚谷香織選手だ。


 大人っぽい女性の魅力を感じさせる美女レーサー、原田佑実選手。2005年9月に97期として選手登録され、同年11月22日、ボートレース常滑でデビューを果たす。しかし、記念すべきデビュー戦ながら、残念…


 来年のクラシックに向け、みんなの熱い期待を背負った有力馬たちが、次々にデビューしています。一生に一度しかないデビュー戦……クビ差で涙をのんだエアウィンザーも、その一頭です。

 水野望美選手(愛知)は20歳、大学生のとき、初めて見た水上の闘いにひかれ、ボートレースの世界に入る。11年にデビューを果たすが、初勝利の美酒を味わえたのが12年4月12日、ボートレース多摩川でのこ…


 キレのいい全速マクリを見せる“水上の女豹”香川素子選手。学生時代(大阪市立桜宮高校)はソフトボールに精を出すが、卒業後、ボートレースへの道に進み、1997年5月17日、ボートレース尼崎第1Rでデビ…


 涼しげな目元が印象的な静岡支部の美女レーサー、木村沙友希。同期には、峰竜太や西村美智子らがいる。やまと学校を卒業後、2004年11月10月にボートレース津でデビューを飾る。念願の初勝利は翌年の5月…