ガッポリ大衆TOP ボートレース

ボートレース


先週、取手競輪場で催されたG3「水戸黄門賞レインボーカップA級フィナル」で武井大介選手(34=千葉・86期)が1着を奪取した。 実はこの選手、猛獣を打ち負かすシミュレーションでも人気者のタレント・…

 キレのいい全速マクリを見せる“水上の女豹”香川素子選手。学生時代(大阪市立桜宮高校)はソフトボールに精を出すが、卒業後、ボートレースへの道に進み、1997年5月17日、ボートレース尼崎第1Rでデビ…


 涼しげな目元が印象的な静岡支部の美女レーサー、木村沙友希。同期には、峰竜太や西村美智子らがいる。やまと学校を卒業後、2004年11月10月にボートレース津でデビューを飾る。念願の初勝利は翌年の5月…


 2014年11月にデビューしてから255走目。ついに、その時はやってきた。その名前の通り、周りをパッと明るくする、輝く笑顔が魅力的なボートレーサーの森田太陽が初勝利を飾ったのである。2016年5月…


被災地・福島の人たちから託された寄せ書き入りの国旗を背に、今年こそという強い気持ちで臨んだ「凱旋門賞」ですが、結果は4着。夢は……またしても、大きくて高い壁に阻まれてしまいました。

「女子レーサーとしての苦労は?」という質問に「特にありません」と答えているが、実は大変な根性の持ち主。レーサー養成所・やまと学校での訓練中、9針も顔を縫う大怪我を負いながらも無事卒業し、2004年5…


 身長151cmと小柄なのに、中学校から高校(福岡県立京都高校)にかけてバスケットボールに打ち込み、高校2年時には県大会にも出場した頑張り屋の竹井奈美選手。ボートレーサーの養成学校・やまと学校には一…


 兄はボートレーサーの松尾祭選手(香川)。妹の松尾夏海選手は高校時代、ソフトボールに打ち込んでいたが、兄の影響でボートレーサーの道へ進むことに。高校3年のとき、やまと学校を受験すると、1回目で合格。…