ガッポリ大衆TOP

新着


 いよいよ、今年最後のグランプリレース・有馬記念ですが、その前にホープフルSを狙います。ロードクエストは2戦2勝で、新潟2歳Sの覇者。2戦ともスタートが悪く、前走は最後方追走でしたが、上がり32秒8…

 予想というのはいつでも難しいものだが、今年のダービーは特に悩ましい。皐月賞は波乱となったが、その背景には平均ペースだったことと、差し馬にはさばくのが苦しい、かといって外を回ったら届かない競馬にな…


森本レオ子のぱちんこ堅勝ゼミナール 第57回 私が一番パチンコにハマっていた頃  導入前から我々パチンコライターのみならず、多くのパチンコファンの間で大きな話題となっていた『CRぱちんこ必殺仕…


 皐月賞でワンツーを決めた池江厩舎がダービーでも主役だ。ただし、期待は◎サトノアーサー。皐月賞コンビを凌駕する良駿だ。  アーサーはセレクトセールで1億9500万円(税抜き)で取り引きされたディー…


 マナとカナ、JOYとユージ、「BUMP OF CHICKEN」と「RADWINPS」。世の中は、ありとあらゆる似て非なるものであふれています。若い子がすべて同じに見えるウチの父が、いまだに大島優子…
競馬

2017-05-23 [週刊大衆2017年06月05日号]

【武豊】G1日本ダービー「6度目の戴冠」を狙います

 5月28日、日曜日、東京競馬場。今年もまた、東京優駿、日本ダービーがやって来ます。競馬に携わる人たちすべての憧れであり、なんとしてでも手にしたいと強く願う栄冠――うれしいとか、やったー! とか、…


 レイデオロと、ウイニングチケット(1993年ダービー馬)のローテーションは、かなり似ている。そっくりと言ったほうがいいかもしれない。ウイニングチケットがダービーに出走してきたとき、新馬勝ち以降の…


 オークスの過去10年の前走レース別成績を調べると、トップは、桜花賞組で[8・5・4・64]。ついで忘れな草賞[2・0・0・9]、フローラS[1・4・4・32]となる。ちなみに、スイートピーSは[…


 この原稿を書いている時点でAJCCの想定馬はある程度そろっているものの、中山金杯組の動向が流動的なままである。ただ、AJCCにおける中山金杯組というのは、近年だとさほど重要なものではない。過去1…

 距離よし、舞台よし。主役はアドマイヤミヤビだ。桜花賞は、3角17番手の最後方から12着に詰めただけ。まったくの凡走に終わった。マイル重賞を勝ってはいるが、世代トップとこの距離で戦うのは初めて。速…


 2016年11月17日、G3オールレディース(ボートレース津)の優勝戦で、ファンの記憶に残る名勝負が演じられた。2013年にデビューした高田ひかる選手が初めて優勝戦に駒を進め、感動的な健闘を見せて…


現役パチプロ・アンドレ「パチンコ事情」最前線!! 第45回 『北斗7』よりも稼げる台!?  パチプロのアンドレです。今年はヒット機種が出ないと思っていたら、ついにあの大本命機種の最新作が登場しまし…


 休み明けを挟んで2連勝のエイシンヴァラー。前走の西陣Sは、初のダート1200mで重馬場とはいえ、上がり3ハロン34秒7を駆使して快勝。差す競馬で収穫の一戦でした。叩き2戦目は2勝しており、今回も状…
競馬

2017-05-16 [週刊大衆2017年05月29日号]

【武豊】G1を2勝。五月晴れのゴールデンウィークでした!

 天候に恵まれたからか、GW(ゴールデンウィーク)中に開催された今年のG13連戦、天皇賞・春、かしわ記念、NHKマイルCが行われた、京都競馬場、船橋競馬場、東京競馬場のスタンドは、どこも熱気にあふ…


 今年は、桜花賞の出馬表に、オークス激走枠の予告が出ていた。桜花賞の4枠に、この2頭が入っていたのだ。()で囲った部分をご覧になっていただきたい。 4枠(シ)ョーウェイ 4枠(カ)ラクレナイ  な…


森本レオ子のぱちんこ堅勝ゼミナール 第56回 お金がないときに打つ台  安定した会社員の仕事を辞め、フリーのパチンコライターとして活動し始めてから、丸7年が過ぎました。フリーになってわりとす…


2015年の競馬は早くも3週目に入る。芝2400メートルで争われる日経新春杯が日曜京都のメインだ。 昨年は池江厩舎のサトノノブレスが逃げ切ったが、今年も連覇を狙って出走予定。少し甘さが残るが、先行…
競馬

2017-05-09 [週刊大衆2017年05月22日号]

【武豊】うれしかったフランスからのG1騎乗依頼

 騎乗依頼仲介者という言葉をご存じですか? 馬主さんや調教師の先生との間に入り、騎乗馬を調整してくれる方のことで、競馬サークル内ではエージェントと呼ばれています。この制度は大先輩、岡部幸雄さんがフ…


 今年から大阪杯がG1に昇格したので、今までのデータを適用してよいのかどうか分からないが、ひとまずは昨年までの傾向を前提に話を進めたい。天皇賞・春には日経賞、阪神大賞典、大阪杯という3つのステップ…


 キタサンブラックVSサトノダイヤモンド。2度目の対決で盛り上がる春の天皇賞だが、今回もサトノに軍配を上げたい。  キタサンの中間気配に少し違和感がある。前走の大阪杯は貫禄の違いを見せつけたが、レ…


43数字の好不調の波を検証。ここで提供する〝激アツ〞数字は、半年を1クールとし、ひと月単位で古い月と新しい月を入れ替え、その出現傾向が順調な数字に、予想月の過去の実績を加味して、厳選した数字である。…
競馬

2017-04-25 [週刊大衆2017年05月08・15日号]

【武豊】悔しかったG1皐月賞。その雪辱は天皇賞・春で!

 3連単馬券の払い戻しが106万4360円。――69年ぶりの牝馬による皐月賞Vはあるのか!? そんな話題でスタートした「第77回皐月賞」は、穴党ファンを喜ばせる結果となりました。  1着はディープ…


 一発大駈けがあるとすれば、アルバートかもなあ。これまで芝3200メートル以上で[3・0・0・1]。負けたのは、初の58キロというハンデがあった昨年春の天皇賞(6着)のみ。その58キロも、前走のダ…


 大変な事態になって来ました。シリアにある飛行場に米国の駆逐艦から巡航ミサイルを59発も打ち込んだのです。ティラーソン国務長官は、これは北朝鮮への警告でもあると、世界最大の空母カール・ビンソンを急…


Copyright(C) ガッポリ大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.