ガッポリ大衆TOP 競馬

競馬


今週日曜は、国際G1のジャパンカップ(東京芝2400m)が開催される。4連勝中のラブリーデイ、3歳牝馬2冠・ミッキークイーン。海外からは、ナイトフラワーやイトウ、トリップトゥパリスらが襲来。さらに、…

 3歳馬ディーマジェスティに期待する。菊花賞は4角手前で早々と手が動き4着敗退。いくつかの敗因が考えられるが、一番大きかったのが当日の気配の薄さだ。変にイラつき、走る方向に気が向いていなかった。初め…


競馬

2016-11-22 [週刊大衆2016年12月05日号]

【武豊】キタサンブラックと狙うG1ジャパンカップ制覇

 今週は、5回京都3日目に行われた10レース「観月橋ステークス」(ダート1800メートル)の話から始めましょう。――えっ!? それって重賞でも、G1へのステップレースでもないし……。という声があちこ…


 シュヴァルグランは前走で、いくつもの不安材料を、根こそぎ吹き飛ばしている。休み明け、初コース、初の左回り、実績のない斤量(56キロ以上ではそれまで5・8・3・9着)。これだけ揃えば、凡走しても不思…


 「安倍政権の有馬介入」。そういう怪説を、競馬風俗研究家の立川末広が言い触らしている。事の始まりは、3年前の有馬記念だという。この有馬記念の3日後に第二次安倍政権は発足するのだが、もうすぐ発足ですよ…

 年末が近づき、ボートレースの選手たちによる賞金王争いが熾烈になってきた。そんな中、長崎県のボートレース大村で11月22日から27日にかけて、「チャレンジカップ」が開催される。このレースは、獲得賞金…


 マイルCSの過去10年を前走レース別成績で振り返ると、7つのレースが優勝馬を出しており、他に3つのレースが2着馬を出している。スワンSからは41頭、富士Sからは50頭の出走馬があったが、優勝馬はそ…


 本格化したサトノアラジンが今年こそ主役だ。昨年は4着に沈んだが、4角から直線入り口にかけて窮屈になるシーンがあり、外に出した1F過ぎから伸びたものの、コンマ2秒差届かなかった。キャリアを重ねてはい…