ガッポリ大衆TOP 競馬

競馬


いよいよその真価を問われるときがやって来ました。 5月3日、京都競馬場で行われるGⅠ「天皇賞・春」(芝3200メートル)。パートナーは一昨年のダービー馬、僕にとっては特別な馬、キズナです。 レース…

 夏の小倉競馬のフィナーレを飾るのは今年も「小倉2歳S」だ。芝6Fのスピード決戦である。 昨年は中京でデビューしたシュウジが圧倒的な人気に応えた。近年の流れとして上げられる小倉デビュー組のレベル低下…


競馬

2016-08-31 [週刊大衆2016年09月12日号]

【武豊】親父に怒られないような騎乗をしていきます

 9月は全国的に平年より暑く、まだ残暑厳しい日が続きそうですが、中央競馬は今週末で夏競馬が終了。来週から戦いの舞台は、中山、阪神へと移ります。 「待ってました」と手を叩く人。「なんだ、もう、終わりか…


競馬

2016-08-30 [週刊大衆2016年09月12日号]

思い出すなあ「濃い毛さん」【井崎脩五郎 競馬新理論】

小池百合子さんが都知事選で闘っているとき、立川末広が、「そういやあ、昔、高校の同級生に小池百合子というのがいたなあ」と言い出した。


 ボートレース多摩川で、全国から強豪選手が集う「G1ウェイキーカップ」が開催中。優勝候補に挙げたい選手の一番手は、昨年の覇者・瓜生正義と昨年の賞金王・山崎智也だ。

 今度の日曜(8月28日)、新潟競馬場で開催される重賞「新潟2歳ステークス」は、ダントツ人気馬が見当たらない混戦模様だが、その傾向に拍車をかけているのが、出走馬15頭中8頭を占める牝馬の取捨選択の難…


競馬

2016-08-25 [週刊大衆2016年09月05日号]

【武豊】4年ぶりの騎乗停止で思ったこと…

 8月6日に行われた小倉6レース。最後の直線で馬がターフビジョンに物見して外に膨らみ、13日から21日まで、開催日4日間の騎乗停止処分を受けてしまいました。どんな理由があろうと、一つのミスが大きな事…


 真夏の名物重賞、札幌記念は牝馬が強い。2014年にハープスター(3歳=当時、以下同)が強豪ゴールドシップを打ち負かして勝利し、12年にはフミノイマージン(6歳)が、07年にはフサイチパンドラ(4歳…