ガッポリ大衆TOP 競馬

競馬


正直なところ、今年のジャパンCにおける日本調教馬の層は厚いとは言えない。 ゴールドシップは宝塚記念でスタートの失敗があった直後であるうえに、東京コースは不得手。ラブリーデイは充実期にあるものの、24…
競馬

2016-06-06 [週刊大衆2016年06月20日号]

ヒダリー・クリントン候補【井崎脩五郎 競馬新理論】

 ゴールデンウィークを利用して、あちこちに出掛けていた立川末広が、またいろいろ「落書き」を採取してきた。居酒屋の壁だとか、あるいはトイレに書いてあったのを、メモしてきたもの。人間は、原初の時代から洞…


 東京に長い間、住んでいると、芸能人や文化人などの有名人に、街角でたまたま出会うことがある。そんな体験のなかで一番、印象深いのは人気絶頂期のアイドル、山口百恵さんと遭遇したことだ。 あれは渋谷駅の西…


 私はデータで予想する立場だが、今の◎モーリスについては強さの絶対値で支持せざるをえない。レース回数を重ねると状態維持の面でリスクもある馬だが、休養明け2戦目では、そういった心配もないだろう。 もう…


ドゥラメンテのウィークポイントは、中1週という強行軍で共同通信杯に使ったため、そのあと2か月余りの休養を取らざるを得なかったこと。 そして、その休養明けで出た皐月賞で体重が減っていたことだろう。は…

 GI4連勝中のモーリスに注目が集まるが、今回は輸入検疫→着地検疫と仕上げ過程でのマイナス材料がある。能力は断然だが、スキもあるとみた。逆転候補の一番手にサトノアラジンを挙げたい。ひと叩きして攻め強…


競馬

2016-06-01 [週刊大衆2016年06月13日号]

【武豊】ラニと学んだ「負けを噛み締める」大切さ

 「オークス」で沸いた22日(現地21日)、ラニをパートナーに、アメリカ三冠の2戦目「プリークネスS」(ダート1900メートル)に挑戦しました。メリーランド州ボルチモアにあるピムリコ競馬場は、「ケン…


競馬

2016-05-31 [週刊大衆2016年06月13日号]

モーリス敗退理由とは【井崎脩五郎 競馬新理論】

 モーリスがもし負けるとしたら、どういう理由がありうるだろう。それを考えてみた。 モーリスは前走、プラス11キロという体重で香港のGIを勝っているが、「太目の体で走ると、その次走で反動が出る」という…