ガッポリ大衆TOP 競輪

競輪


海の日の7月20日、ボートレース三国で開催された「第20回オーシャンカップ」(SG)決勝戦で、インからスタートタイミング11という絶好のスタートを決めた石野貴之選手(33=大阪)が逃げ切り、2度目の…

 小学校から高校3年までバレーボール一途に打ち込んできた岡崎優美選手は、その甲斐あって、高校3年(岡山理科大学附属高)時には春高バレーとインターハイに出場。インターハイでは見事、ベスト16に進出した。


 高校時代、ロードレースに燃えていた辻堂麟太郎は、父親が起こした不慮の事故で多額の治療費が必要になり、競輪の道を選んだ。いつしか競輪の魅力に取りつかれ、誰よりも早くトップ選手になるべく奮闘し、晴れて…


 長澤彩選手は、小学校から高校までバレーボール一途に頑張ってきた根性の持ち主。その甲斐あってか、地元・岐阜の強豪・岐阜女子商業高校に進学し、「春の高校バレー」に出場。だが、1回戦で対戦した東京の八王…


 美女レーサーとして知られる廣中智紗衣選手は、小学生から高校1年まで水泳(自由形)をしていた。そのためか、将来は“水に携わる仕事をしたい”と思っていたところ、高1のときに、選手募集の広告を見てボート…

 あれは30年ほど前のことだろうか。“ミスター・テキトー”こと、いまや大活躍しているタレントTさんを、彼の新人時代に取材したことがある。場所は、表参道のとあるオシャレなパーラー。そこに一人で現れたT…


 愛称“テッシー”こと、手柴敦子選手はスポーツ少女だった。中学2年のときにショートトラックスピードスケートを始め、高校時代には国体に出場。保健体育の教師になろうと、熊本県立保育大学校から名桜大学へと…


小学校では水泳とトライアスロン、中学校では水泳と自転車競技――。元砂七夕美選手は、幼い頃からスポーツ少女だった。高校生になると、自転車競技に打ち込み、全国レベルの大会で華麗な優勝記録を重ねる。201…