ガッポリ大衆TOP 競輪

競輪


7月もオススメ数字で億獲りにチャレンジ! 本誌提供の〝激アツ〞数字は、半年を1クールとし、ひと月単位で古い月と新しい月を入れ替え、その出現傾向が順調な数字に、予想月の過去の実績を加味し、厳選した数字…

 高校2年の時、テレビでガールズケイリンを知り、地元の競輪場へ見に行った。それがきっかけで自転車を始めたという髙橋朋恵選手。昨年の7月2日、松戸競輪場でデビューし、いきなり2着に入った(3連単1万6…


 山口優衣選手は中学時代、両親とともに武雄競輪場へ来たとき、目の前で繰り広げられたスピード感や競り合いに魅入られ、「凄いな。自分の脚で賞金を掴み取ることに夢を感じた」のだという。そこで、それまで特定…


 小学校から高校3年までバレーボール一途に打ち込んできた岡崎優美選手は、その甲斐あって、高校3年(岡山理科大学附属高)時には春高バレーとインターハイに出場。インターハイでは見事、ベスト16に進出した。


「その年の中山GⅡで好走した馬を買う」というのが、有馬記念の予想における私の方針の一つだ。昨年は古馬に良い該当馬がいなかったので、GⅡ・弥生賞1着と好走した当時3歳のトゥザワールドを本命にした。する…

 高校時代、ロードレースに燃えていた辻堂麟太郎は、父親が起こした不慮の事故で多額の治療費が必要になり、競輪の道を選んだ。いつしか競輪の魅力に取りつかれ、誰よりも早くトップ選手になるべく奮闘し、晴れて…


 長澤彩選手は、小学校から高校までバレーボール一途に頑張ってきた根性の持ち主。その甲斐あってか、地元・岐阜の強豪・岐阜女子商業高校に進学し、「春の高校バレー」に出場。だが、1回戦で対戦した東京の八王…


 愛称“テッシー”こと、手柴敦子選手はスポーツ少女だった。中学2年のときにショートトラックスピードスケートを始め、高校時代には国体に出場。保健体育の教師になろうと、熊本県立保育大学校から名桜大学へと…