ガッポリ大衆TOP 美女選手名鑑

美女選手名鑑


 ギャンブラー芸人と聞けば、誰もがまっ先に思い浮かべるのはやはり横山やすしだろう。仕事をすっぽかしても競艇に通い、息子の名前に「一八」と名付け、「漫才のためにボートをやってるんやない、ボートのために…

 大人っぽい女性の魅力を感じさせる美女レーサー、原田佑実選手。2005年9月に97期として選手登録され、同年11月22日、ボートレース常滑でデビューを果たす。しかし、記念すべきデビュー戦ながら、残念…


 水野望美選手(愛知)は20歳、大学生のとき、初めて見た水上の闘いにひかれ、ボートレースの世界に入る。11年にデビューを果たすが、初勝利の美酒を味わえたのが12年4月12日、ボートレース多摩川でのこ…


 キレのいい全速マクリを見せる“水上の女豹”香川素子選手。学生時代(大阪市立桜宮高校)はソフトボールに精を出すが、卒業後、ボートレースへの道に進み、1997年5月17日、ボートレース尼崎第1Rでデビ…


陸上競技の強豪校・順天堂大学に入学し、短距離走に打ち込んでいた。しかし卒業後、ガールズケイリンが始まるという話を耳にし、興味が湧いていった。 そこで、松戸自転車競技連盟が催している練習会に加わり、ガ…

 涼しげな目元が印象的な静岡支部の美女レーサー、木村沙友希。同期には、峰竜太や西村美智子らがいる。やまと学校を卒業後、2004年11月10月にボートレース津でデビューを飾る。念願の初勝利は翌年の5月…


 2014年11月にデビューしてから255走目。ついに、その時はやってきた。その名前の通り、周りをパッと明るくする、輝く笑顔が魅力的なボートレーサーの森田太陽が初勝利を飾ったのである。2016年5月…


「女子レーサーとしての苦労は?」という質問に「特にありません」と答えているが、実は大変な根性の持ち主。レーサー養成所・やまと学校での訓練中、9針も顔を縫う大怪我を負いながらも無事卒業し、2004年5…