ガッポリ大衆TOP 須田鷹雄

須田鷹雄


ダービー馬キズナが、世界デビューとなったフランスでもやってくれました。 9月15日、ロンシャン競馬場で行われた「凱旋門賞」へのステップレース、GⅡ「ニエル賞」(芝2400㍍)を制し

 3歳の大物、ジュエラーが戦線離脱したため、古馬勢が有利になってくる。古馬の選び方には一つの原則があり、それは“牡馬と戦ってきた実績を重視する”ということだ。


 アルゼンチン共和国杯と春の目黒記念は施行条件は、かなり近いレースだが、結果は互いに違うものになってきた。


 いつの間にか堅いG1になっていた天皇賞・秋。過去10年の1番人気馬は[4・2・2・2]で、馬券に絡まなかった2頭も掲示板にはのっている。全馬均等買い時の回収率も単60%・複50%で、標準的な値より…


 3連勝できさらぎ賞を制したサトノダイヤモンドの春の日程が決まった。ぶっつけで皐月賞に臨み、その後はダービーへ。鞍上はルメールになる模様だ。相撲番付ふうに言えば、きさらぎ賞の圧倒的な内容から東の正横…

 皐月賞馬ディーマジェスティとダービー2着馬サトノダイヤモンド。この2頭に人気は集中するだろう。


 過去10年の秋華賞を前走レース別成績で振り返ると、ローズS組が[7・8・4・61]と、好走馬の中では圧倒的なシェアを占めている。


 毎日王冠はマイラータイプでも中距離タイプでも出走できる1800メートル戦だが、馬券上のポイントとなるのは距離適性ではなく「格」だと思う。過去10年の出走馬を前走レース別に見ると、好走馬のほとんどは…