ガッポリ大衆TOP 武豊

武豊


"四白流星の美男子"と呼ばれたヤエノムテキが亡くなりました。 現役時代、彼に跨ったのは、西浦先生(勝一・現調教師)と岡部さん(幸雄・元騎手)の2人だけ。強い馬がいると、調教でもいいから跨ってみたい…
競馬

2016-09-13 [週刊大衆2016年09月26日号]

【武豊】皆さんに感謝の気持ちが溢れた2万回騎乗

 最後は大好きな小倉で。夏の小倉最終日は1Rでベルウッドカペラに騎乗。成績(13着)はともかく(苦笑)、これが、JRA通算2万回騎乗となりました。


競馬

2016-09-06 [週刊大衆2016年09月19日号]

【武豊】とにかくモチベーションが上がった騎手の祭典

 2年連続して夏の札幌を舞台に行われた「2016ワールドオールスタージョッキーズ」は、昨年以上に、騎手も、ファンも、関係者も盛り上がった2日間になりました。


競馬

2016-08-31 [週刊大衆2016年09月12日号]

【武豊】親父に怒られないような騎乗をしていきます

 9月は全国的に平年より暑く、まだ残暑厳しい日が続きそうですが、中央競馬は今週末で夏競馬が終了。来週から戦いの舞台は、中山、阪神へと移ります。 「待ってました」と手を叩く人。「なんだ、もう、終わりか…


 島田優里選手が競輪を目指したのは「自分の脚で高収入を得られるから」という自立心旺盛な性格ゆえ。そんな彼女の“負けてたまるか”精神がほの見えたのは、2015年7月10日、川崎競輪場で迎えたデビュー戦…
競馬

2016-08-25 [週刊大衆2016年09月05日号]

【武豊】4年ぶりの騎乗停止で思ったこと…

 8月6日に行われた小倉6レース。最後の直線で馬がターフビジョンに物見して外に膨らみ、13日から21日まで、開催日4日間の騎乗停止処分を受けてしまいました。どんな理由があろうと、一つのミスが大きな事…


競馬

2016-08-09 [週刊大衆2016年08月22・29日合併号]

【武豊】大種牡馬の死で思い出すヤンチャ娘

 昭和の大横綱・千代の富士(九重親方)の訃報が報じられた前日、アメリカの大種牡馬、シーキングザゴールドが老衰のため亡くなっていたというニユースが飛び込んできました。31歳。サラブレッドとしては大往生…


競馬

2016-08-02 [週刊大衆2016年08月15日号]

【武豊】小倉で躍動したメイショウカイドウ

 走るのは好きだけど、球技は得意じゃない。一人でコツコツ作業するのは何時間でもOKだけど、営業はどうも……と、人に得手、不得手があるように、サラブレッドにもまた、得意な競馬場と、苦手な競馬場がありま…