ガッポリ大衆TOP 武豊

武豊


 ミッキーアイルが引退、ビッグアーサーが脚部不安、ダンスディレクターが骨折と、主役不在の短距離界。高松宮記念も、人気が読めないほどの混戦模様だ。  昨秋のスプリンターズS覇者のレッドファルクスは、香…
競馬

2017-01-10 [週刊大衆2017年01月23日号]

【武豊】有馬記念の悔しさは凱旋門賞で晴らす!

 1枠1番を引き当てた第61回有馬記念――。ゴール前、ここ! という最高のタイミングで差し返したと思ったのですが、最後の最後で力及ばず、キタサンブラックとの今年最後の祭りは、クビ差の2着に終わりま…


競馬

2016-12-27 [週刊大衆2017年01月09・16日号]

【武豊】一年の最後は「東京大賞典」最初は「金杯」です

 このレースも勝ちたい。あのレースにも勝ちたいとあれこれ夢を膨らませていた2016年も、気がつくと残り1週間を切ってしまいました。皆さんにとって、どんな一年でしたか。  まぁまぁかな。  いつも…


競馬

2016-12-20 [週刊大衆2017年01月02日号]

【武豊】G1有馬記念の季節に思い出すオグリキャップのこと

 師走、12月。競馬の枠を超えた国民的レース「有馬記念」が近づくと、ある馬のインタビューを受ける機会がぐんと多くなります。「今、改めて思い出して、どうですか?」 こんな質問から始まって次は、「どこで…


 ボートレースって目の前で見ると迫力があるし、舟券予想も楽しいですよね。先日も平和島に行ってきましたが、午後からの6レース中3勝しました!
競馬

2016-12-13 [週刊大衆2016年12月26日号]

【武豊】やっぱり競馬は難しいと痛感しました

「ジャパンカップ」に続く2週連続Vを狙った「チャンピオンズC」は、ゴール手前でアウォーディーが急ブレーキ。後ろから飛んできたサウンドトゥルーにすべて持っていかれてしまいました。ダート転向後、破竹の6…


競馬

2016-12-06 [週刊大衆2016年12月19日号]

【武豊】完璧な走りで完勝したジャパンCを回顧

 まさかの一発! 大逆転サヨナラ満塁ホームラン。薄氷を踏むような勝利。僅差の逃げ切り……勝負ごとには、いろんな勝ち方があります。 でも、本当に面白いのは、強い馬が、強い勝ち方をしたとき。1番人気に推…


競馬

2016-11-29 [週刊大衆2016年12月12日号]

【武豊】場所、距離、名称…様々変わったダートG1

 たとえば第一勧業銀行。この名称に、“あぁ”と反応するのは、何歳以上の人でしょうか。 現在は、みずほ銀行。今は当たり前になっていますが、当時は、まごつく人がたくさんいたと思います。