ガッポリ大衆TOP 薮中泰人

薮中泰人


 パチンコライター・森本レオ子が、パチンコで手堅く収支をアップさせるコツを伝授する本コラム。少しワタクシごとな話になってしまって恐縮ですが、今回は産休・育休で約1年パチンコを休んでいた私が、復帰した…

 距離よし、舞台よし。主役はアドマイヤミヤビだ。桜花賞は、3角17番手の最後方から12着に詰めただけ。まったくの凡走に終わった。マイル重賞を勝ってはいるが、世代トップとこの距離で戦うのは初めて。速…


 キタサンブラックVSサトノダイヤモンド。2度目の対決で盛り上がる春の天皇賞だが、今回もサトノに軍配を上げたい。  キタサンの中間気配に少し違和感がある。前走の大阪杯は貫禄の違いを見せつけたが、レ…


 4月2日に行われた大阪杯はG1に昇格した途端、153億円超の売り上げがあった。前年比は実に222.1%だ。これがG1の威力なのだろう。今週はG1の谷間になるが、いずれはこの時期のG1開催も検討…


 京都記念の過去10年について前走レース別成績をとってみると、着度数でトップは有馬記念組の〔4・2・3・7〕。次が香港ヴァーズ帰りの〔2・0・0・0〕となっている。それより下を見ても、やはりGⅠを使…

 皐月賞への出走を決めたファンディーナ。勇気ある挑戦が歴史を変えるかもしれない。牝馬の挑戦は14年のバウンスシャッセ(11着)以来だが、勝てば69年ぶり。グレード制導入後では初の快挙となる。その…


 ファンディーナが皐月賞出走を決めた。それなら結論は1強戦。勝つのはソウルスターリングだ。2歳女王を決めた昨年暮れの阪神JFも強かったが、今年初戦のチューリップ賞も危なげない勝利。これで負けなし…


 G1に昇格した大阪杯だが、いきなり大荒れまでありそうだ。まず主役の1頭、マカヒキの状態がいいと思えない。京都記念を使って大阪杯は予定通りだが、イメージしたほど体調が上がってこない。身のこなしに…