ガッポリ大衆TOP バラエティ

バラエティ


デビューから地方転出まで、単・複をずっと買い続けた馬がいる。 平成22年秋に2歳新馬戦でデビューし、⑬⑫⑨⑨着と負け続けて、佐賀競馬へ転出したダンツハッピーという栗毛の牝馬である。 近親に桜花賞や…

 水上の格闘技ともいえるボートレース。各地のボートレース場では今年も数々のドラマが生まれたが、その立役者である人気レーサーたちを掲載した2017年度版カレンダーがついに完成した。


 SG(スペシャルグレード)優勝者27人が集結するという、怒濤の開催となった「SGチャレンジカップ」。11月22日から6日間に渡り、ボートレース発祥の地・大村で水上の熱闘が繰り広げられた。


 レベルが高いといわれている3歳牡馬。ジャパンCに出走する皐月賞馬のディーマジェスティが人気を集めそうだが、ここは伏兵レインボーラインの一発に期待したい。


 スプリンターズSから見て直近のステップレースはセントウルSだが、今年はGⅠ馬のビッグアーサーが勝ってきたので、人気の盲点になりようがない。では、他のレースから来る馬がセントウルS組に比べて劣るかと…

 巻き返し態勢を築き上げたジュエラーを主役に指名する。トライアルのローズSは11着。本番が不安になる着順だったが、敗因はやっぱり仕上げ面だ。骨折明けの病み上がりで、初時計がライバルのシンハライトより…


 牝馬三冠最終戦は断トツの一番人気候補だったオークス馬・シンハライトが回避。混戦模様となっているが、なかでも一枚抜け出しているのが前哨戦、紫苑Sを勝利したビッシュだろう。


 10月2日、いよいよ日本競馬にとって、歴史的な瞬間が訪れるかもしれない。世界最高峰のレース、凱旋門賞に、日本馬が優勝しそうな勢いなのだ。さらに今年の凱旋門賞は特別な意味を持つ。実は今回、日本で初め…